スタッフブログ

モノ余りの時代に小規模事業者が創るべきお客様の心を動かす価値

2018年07月24日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

より良い商品・サービスを
提供したり

クオリティの高い
商品・サービスを創り出すのは

得意!

でも・・・、

売るコトが苦手

という多くの
経営者・事業者・商人で
ありがちなのが

モノ発想

つまり、
モノとしての
商品・サービスを売る

という
発想から抜けられないため、

結局のところ

競争から
抜けられなくなっている

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
モノ発想あるある
―――――――――――――――

少し補足(蛇足?)です。

先日、
まさしくコレと同じような
ご意見をいただきましたが、

モノ発想で新商品・サービスを
考えると辿り着く
ありがちな事例です。

例えば物販店で、

従来はお客さんが来店して、
商品を選んでレジで精算する

という業態の場合。

年々、
売り上げが下がって来たので
何か対策を
練らなければいけない。

という時に思いつくのが

 「そうだ!
 配達をしよう!!」

もしくは

「そうだ!
 ネット販売をしよう!」

という発想です。

―――――――――――――――
ソレだとつまり
―――――――――――――――

くれぐれも、

配達やネット販売が悪い

と言っているのではありません。

ただし、気になるのは、
このように

利便性だけを追求した
商品・サービスって

他社他店でも
同じコトができるのでは!?

というコトです。

そこで!

注目してもらいたいのが
ココになるワケです。

―――――――――――――――
言葉にするとツキナミかも!?
―――――――――――――――

お客様の心を動かす

というコトです。

また
抽象的な話になっていますが。
(
)

もちろん、
配達だってネット販売だって

「便利」って思ってくれたら
心が動いているワケですが、

それはつまり、

他社他店が同じコトをしても
同じように
心が動いてしまう

というコトですよね?

―――――――――――――――
お客様の心を動かす価値とは
―――――――――――――――

そうではなく、

今のモノ余りの時代に
小規模事業者が創るべき

お客様の心を動かす価値

とは、

誤解を恐れず、
敢えて一言で表すならば

楽しい

ってコトではないでしょうか?

もう少し言うと、
初めてソレを知ったお客様が

「あー、こんなのほしかった!」

と言ってくださる感じです。

もしくは、

お得意様がいつまでも

山田さんと
関わるのが楽しみ!

と感じていただく、

そんな感じです。

分かりますか!?
( ̄;

と、いうコトで、
次回、改めてもう少し詳しく。

 

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。