スタッフブログ

競争から抜けられない事業者の発想と視点

2018年07月23日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

あなたが

大切にしているモノ
好きなモノ
目指しているモノ

などなどを表現したモノ

が世界観であり、

ソレに共感してくれるお客様、
興味を持ってくれるお客様

を増やすコトが大切

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
そうは言っても、不慣れです
―――――――――――――――

とは言うモノの、

その発想や視点に慣れていない

というのが
実際のところですよね。
( ̄▽ ̄;)

売る側、
つまり経営者・事業者・商人の
本音・・・、
というか「想い」としては

・商品・サービスを用意する
・お客様に買っていただく

というシンプルな構図で
売り上げが立つのが
一番望ましいですよね。

良い商品・サービスを
創るコトには尽力できる

でも、

営業が苦手
売り込みはできない

という人が大多数ですよね。

・・・僕もその一人です。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
チョットだけ補足です
―――――――――――――――

ちなみに、一応の補足ですが、

「売り込むコト」と
「販促・マーケティング」は

(弊社では)
本来、区別していますが、

ココでは一旦、

「お客様に
買っていただくための行動」

という意味で、
細かい区別はしないコトに
します。

―――――――――――――――
良くある売り上げアップ対策
―――――――――――――――

で、
話を元に戻し、

世界観に共感してくれる人を
増やすためにするコト

について考えたいと思います。

例えば、
売り上げを増やしたい時、
思いつくコトの1つとして

新しい商品・サービスを作る

というコトがありますよね!?

ソレ自体は良いコト
なのですが・・・。

―――――――――――――――
競争から抜けられないパターン
―――――――――――――――

良くあるパターンとしては、

同じアイデアが既にあったり

もしくは
無かったとしても
スグにマネされたり

結局のところ、
他社他店と
「また」競合してしまうコトに
なるワケです。

つまり、

モノ発想で考えると
いつまで経っても
競争からは抜けられない

というコトですね。

―――――――――――――――
モノ発想からの脱却!
―――――――――――――――

そこで!

モノ発想を脱却して

世界観に共感してくれる人、
興味を持ってくれる人

を集めるコトが
大切になるワケです。

「で、ソレはどうすれば良い?」

は、次回に続きます!

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。