スタッフブログ

「どこでも買える」を「あなたから買いたい」に換える共感される世界観

2018年07月20日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

あなたが扱っている商品・サービス
1つ1つに対して、

あなたが

プロとして専門家として
オススメする理由

を伝えるコトで、

あなたの世界観

が表現される。

なぜならば、

あなたが
プロとして専門家として
オススメする理由の中に、

あなたの価値観が
反映されるからだ、

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
世界観って、こういうコト!?
―――――――――――――――

そもそも
世界観って何!?

という話になると思いますが、

色々な人の色々な意見や考え方が
あると思いますが、

ザックリ言えば、

あなたが

大切にしているモノ
好きなモノ
目指しているモノ

などなどを表現したモノ

というところではないでしょうか?

・・・スッゴク抽象的かも
しれませんが。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
モノで選ぶか、世界観で選ぶか?
―――――――――――――――

では、
なんで世界観が大切なのか、
と言えば、

商品(モノ)がほしいので
あれば、
他のところでも買えます。

世界観に共感してくれたので
あれば、

あなたから
でなければ買えないし、

あなたから
買いたいと思いますよね!?

―――――――――――――――
世界観に共感するとは!?
―――――――――――――――

例えば、

まちの歴史を活かして
地元を元気にしたい

なんて考えているそば屋が
(仮に)あったとします。
(笑)

店内には郷土史の資料がズラリ、
店主に歴史の話を聴けば
「コレでもか!」というくらい
徹底的にレクチャーしてもらえ、

そもそも店舗が幕末の船宿風、

なんてお店だとします。
(仮に。笑)

この世界観に興味を持った人は
ハマリますよね!

一方で・・・。

―――――――――――――――
世界観に共感しない人は
―――――――――――――――

食事をするコト自体が目的で

「数ある飲食店の中の1つ」

という認識で
来店されたお客様の場合は
どうでしょうか?

郷土史の資料なんか要らないし、
店主の話にも興味ありません。

その人にとっては
この店じゃなくても良いし、
なので、再来店する可能性も
極めて低いワケです。

なぜなら、
目的は食事するコト、なので。

というコトは、
このおそば屋さんにとっては

この世界観に
興味を持ってくれるお客様を
増やすコトが大切

というコトになりますよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
世界観を伝えると
―――――――――――――――

なので、
大切なのは、

自分自身の世界観を表現し
発信するコトで、

ソレに
興味を持つ人、共感する人を
集めるコトなのですが、

現実的に良くあるのは

商品(モノ)・競合・価格に
フォーカスしてしまい、

競合よりも安くしないと

という発想に陥ってしまうコト
です。

あなたが

大切にしているモノ
好きなモノ
目指しているモノ

ぜひ、
(今以上に)
発信してください!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。