スタッフブログ

価値の提供と売り上げの機会を喪失しかねない間違えた顧客満足

2018年07月17日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

自社自店が

大げさではなく
お客様の最優先でもなく

感じていただける

「あー、
今、オレ生きてる!!」

「細胞が喜んでる!」

の感覚として

(チョット珍しい)
タマゴやバナナを例に、

チョットした楽しみ

であったとしても

モノ(=物質)としての
商品以外の価値

を提供するコトが大切

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
と、言われても、というコトで
―――――――――――――――

と言っても、

自社自店にとっての

お客様のチョットした楽しみに
なるような

モノ(=物質)としての
商品以外の価値

って何!?

と思われるかもしれません。

なので、
(返ってヤヤコシクなるかも
しれませんが・汗)

今回は、別の切り口から
お話させていただきます!

―――――――――――――――
例えば、お買い物の時って
―――――――――――――――

例えば、

あなたが
消費者としてスーパーに
買い物に行く時って、

実際に書き出すかどうかは
ともかく

アレとアレとアレを買って、
と予め想定して行きますよね?

そして、
スーパーの店内に入り、
様々な商品を素通りし、
予定通り、
目的の商品をカゴに入れ、
レジに並び、精算して
帰りますよね?

―――――――――――――――
その満足で本当に良いのか!?
―――――――――――――――

あなたとしては、

必要ないモノ、
(と思っているモノ)

余計なモノ
(と思っているモノ)

には
目もくれず
無駄なく、効率的に

買い物ができて満足。

スーパーも
売り上げが出来て
お客様に喜んでいただけて
満足。

言ってみれば

Win-Win

・・・なのですが。

―――――――――――――――
大切なアレを逃しているかも!?
―――――――――――――――

もしも、

そのスーパーで扱っている
他の商品が

あなた(買う側)にとって

価値のあるモノで

買わないコトで損している

なんてモノが
多々あったとしたら
どうしますか!?

スーパー(売る側)にとっては、

売り上げと
お客様を喜ばせる機会を
逃している

というコトになりますよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
↑は決して他人事ではなく
―――――――――――――――

もしかしたら、
↑のスーパーのようなコトが
あなたにも
起きているかもしれません。

もしも
あなたが

「エッ?
あなたのところで
ソレ、扱ってたの!?」

なんて
言われたコトがあるとしたら、

ソレは少々、
危険信号かもしれませんね!?
( ̄▽ ̄;)

次回に続きます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。