スタッフブログ

差別化の最重要ポイントは、お客様の好き嫌い・合う合わない

2018年06月20日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き、

コミュニティ創りに必要不可欠な

共感ポイント

を創る要素である

専門性と独自性

の内、
専門性について
書かせていただきました。

その中で、

専門性を
伝えているのに伝わらない理由

として

一気に出し過ぎて
受信者が受け切れない

専門性のレベルが高すぎて
素人であるお客様には
競合との区別が分かりにくい

の2つを
挙げさせていただきました。

―――――――――――――――
もう1つの要素
―――――――――――――――

そして!

専門性だけでは伝わりにくい
競合との違いを伝えるためにも

独自性が大切

というコトを
書かせていただきました。

なのですが。

この独自性、

分かる人には
ピンと来るのですが・・・、

分からない人には

まーったく理解できない

という傾向があるようです。

なので、

今回はまず、
専門性との違いを軸に
書かせていただきます!
(^^)v

―――――――――――――――
独自性は抽象的
―――――――――――――――

繰り返しになりますが、

専門性とは、

知識・技術・ノウハウ・
経験・体験(=知的財産)

などのコトでした。

それに対して、

独自性とは

・オリジナリティ
・キャラクター
・印象

などのコトです。

専門性が具体的なのに
比べると、

独自性は抽象性が高いと
言えます。

―――――――――――――――
専門性・独自性の基準
―――――――――――――――

更に言うと、

専門性が

多い・少ない、高い・低い、
豊富・乏しい

などで比較しやすいのに対し、

独自性は

好き・嫌い、合う・合わない、
カッコイイ・ダサい、

などなど、
嗜好で判断する傾向が強い
と言えます。

―――――――――――――――
そこに嗜好が加わると
―――――――――――――――

例えば、

お腹が空いているので

安くて
美味しいモノを
たくさん
食べたい

と考えたら、

より安く
より美味しく
よりボリュームたっぷり

というニーズが生まれます。

コレらは専門性ですね。

ソレに

自分好みの、
もしくは自分に合うお店で
食べたい

という嗜好が加わると

そのお店の独自性が
求められるようになります。

分かりますか!?

―――――――――――――――
専門性だけではありませんよね?
―――――――――――――――

少し切り口を変えてみます。

Macユーザーは、
スペック(=専門性)のみで
Macを選んでいますか?

スマホケース、
強度などの性能(=専門性)
だけで選んでいますか?

更に言えば

洋服・自動車・家具などなど、

選ぶ基準は、
決して性能・品質(=専門性)
だけではありませんよね!?

いかがでしょうか?

なんとなく
独自性のニュアンス、
ご理解いただけたでしょうか?

次回も引き続き
独自性について
書かせていただきます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。