スタッフブログ

コミュニティ創りに欠かせない「共感ポイント」について

2018年06月15日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

今後の小規模事業者にとって
欠かせないのは

お客様を飽きさせない
=楽しませ続ける
ワクワクさせ続ける

というコトであり、
そのために取り組むべき
なのが

コミュニティ創り

で、

それを創るコトによって

売り上げを(高い水準で)
安定させられたり

あなた、
もしくはあなたの
商品・サービスやビジネスを
愛して止まない人たちに
囲まれる環境が生まれたり

などの効果が得られる

というお話を書かせて
いただきました。

―――――――――――――――
コミュニティ創りに欠かせない
―――――――――――――――

とは、いうモノの

「はい!分かりました!」

と言ってチャチャッと
何かしらの作業をすれば創れる

というものではありません。

まず、
現在のマーケティング環境で
コミュニティ創りに取り組む際、

絶対に欠かせないのが

共感

ですね。

つまり、
あなたとお客様と
(もしくは社会と)で

「あるある」「そうそう!」

が生まれる何か

という感じです。

―――――――――――――――
コレが無ければ話にならない
―――――――――――――――

ちなみに、
その「何か」のコトを

コミュニティの「コア」

なんて呼ぶそうです。

つまり、「核」ですね。

例えば、
地域コミュニティであれば、

「地域」がコレに当たるワケで、

要するに、

コレが無ければ話にならない

というくらい重要なモノです。

コレが
ピンとくる人はくるのですが、
そうじゃない人には
中々、
理解しにくいところなんです。

そこで、
こんな切り口から書いてみます。

―――――――――――――――
こんな経験ありませんか?
―――――――――――――――

例えば、
こんな経験ありませんか?

あなたが普段、

「こんなコトできたら良いな」
「こんなコトしてみたいな」

と、
ボンヤリ(くらいのレベルで)
考えている商品・サービス、
ビジネスモデル、あるいは
情報発信の表現などがあって、

ソレを
競合が見事に形にしていて

しかも大変ウケが良くて・・・、

なんか悔しい、
( ̄▽ ̄;)

みたいな経験。

―――――――――――――――
ソレが明確で個性的だと
―――――――――――――――

コレってつまり、

あなたが
明確に出来ていない

共感ポイント


その競合は明確にできている

というコトですよね!?

ココが非常に大切で、

コレが

・明確であるコト
・個性的であるコト

によって、

他では手に入れられない
独自の価値

という
共感ポイント(=コア)
になるワケです。

―――――――――――――――
専門性と独自性
―――――――――――――――

そして、
その共感ポイントを
創るための素材が

専門性と独自性

になるのですが、

ソレについては次回に続きます!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。