スタッフブログ

「売り上げが減り続けて困っている」は単なる課題の抽象化

2018年06月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回までのお話
―――――――――――――――

前回まで、
雑貨屋さんを例に

売り上げを発生させるためには
お客様に

お店に足を運び

店の中に入り

商品を手に取り

レジまで運び

精算する

という一連の行動を
してただく必要があり、

その行動を促す上で

・誰に
・どんな情報を
・どんな方法で

伝えれば良いか

を精査するコトが大切

というお話を
させていただきました。

今回から、

一旦、まとめ(?)です。

―――――――――――――――
問題は、どこですか!?
―――――――――――――――

あなたの
ビジネスで今、
課題があるとしたら

お店に足を運び

店の中に入り

商品を手に取り

レジまで運び

精算する

↑の内、
どれか当てはあるところは
ありますか!?

―――――――――――――――
AI時代に求められる能力
―――――――――――――――

少し話が逸れますが、
↑のような質問をする際、

「ウチは
店舗ビジネスじゃないから」

「(飲食店など)
ウチはお店に入ってさえ
くれれば、
基本的には売り上げには
なるので、
商品を手に取ってもらう
必要はない」

などと、
「置き換え力」が
不足気味な人が
少なからずいらっしゃいます。

無理矢理こじつけるのも、
ソレはソレで「アレ」ですが
(苦)、

問題(質問)の本質をとらえて
自社自店に置き換える能力

って、AI時代にとても大切

という話を聞いたコトが
あります。

―――――――――――――――
課題を抽象化していませんか!?
―――――――――――――――

で、
話を元に戻して
前述の質問ですが

(謙遜も含め)

全部

もしくは

「お店に足を運び」
以前の部分

という方が多かったのでは!?
( ̄▽ ̄;)

で、
ソレの良し悪しはともかく
(「良し」ではないか。笑)

問題は、
その状況を

「売り上げが下がる一方」
「集客できない」

一括りに(=抽象化)
してしまうコト
です。

―――――――――――――――
さらに悪化した人の思考
―――――――――――――――

弊社の
「あるクライアント様」の場合、
更に悪いパターンで

課題は
「売り上げが
減り続けているコト」

であって、常日頃から

「どうしよう、どうしよう」
「困った、困った」

とウダウダしているコトを

「解決策を考えている」

と誤認し続けています。
(―。―;)y~

↑コレ、
何が「更に悪いパターン」か
分かりますか!?

―――――――――――――――
こういう人は大体、
「景気が悪い」と言います(笑)
―――――――――――――――

要するに

問題を明確化できていない

というコトです。

違う言い方をすると

起きている現象や結果
(=売り上げが下がっている)

だけしか見ず、

ソレが起きている原因

に目を向けていない、

というコトですね。

では、

ソレが起きている原因に
目を向ける

とは、
どういうコトでしょうか!?

改めて、次回に続きます!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。