スタッフブログ

理想のお客様に届くツール・刺さるメッセージ・折れない心

2018年06月07日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回までのお話
―――――――――――――――

前回まで、
雑貨屋さんを例に

売り上げを発生させるためには
お客様に

お店に足を運び

店の中に入り

商品を手に取り

レジまで運び

精算する

という一連の行動を
してただく必要があり、

その行動を促すための
ポイントについて
書かせていただいています。

―――――――――――――――
そして、前回のお話
―――――――――――――――

その中で、

何はともあれ、
最初のステップとして

たった1人の理想のお客様

何かしらのキッカケで
あなたの
商品・サービスを
知ってもらうコトが不可欠で、

そのためには

話題の集客ツールや
自分の得手不得手・効率・利便性
ばかりにフォーカス
する前に

たった1人の理想のお客様に
フォーカス
しなければいけない

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
ソレってどういうコトかと言えば
―――――――――――――――

では、

たった1人の理想のお客様に
フォーカスする

とは、
どういうコトでしょうか!?

単純に言えば、
コレまでにも書いている通り、

・理想のお客様像を想定する
・その人の日常的な行動を
想定する
・ソレに合わせて
情報を発信する

とうコトです。

とは言え・・・、

↑に書くほど、
簡単ではありませんよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
まずは大体、ココでコケます
―――――――――――――――

なので、
ココはトライ&エラーを
繰り返さざるを得ないでしょう。

「理想のお客様像」
を想定するコトだけでも
中々、1回ではハマりません。

その理由は、
大体の場合、「理想」ではなく

(実在しない)
都合の良いお客様像

を描いてしまうからです。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ココを乗り越えられれば
―――――――――――――――

そして、
理想のお客様像を描けたとしても

その人に届くツール

その人に刺さるメッセージ

を発掘するのが
また難しい・・・。
(T_T)

なので、
要するに大変ではあります。

大変ではあるけれど、
逆に言えば、
ソレは競合他社にとっても
大変なコトであって、

つまり、

ココを乗り越えられれば
他社他店との差が

グググッと

 

広げられますよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
大切なのは、改善の繰り返し!
―――――――――――――――

少し言い方を変えますが、
要するに

・誰に
・どんな情報を
・どんな方法で

伝えれば良いか

というコトですね!
(≧▽≦)

とは言え、
1度やってみて失敗すると、

ソレ相応に凹みます・・・。

( ̄▽ ̄;)

そうなると、
別の便利そうなツールを求めたり
売れ筋商品に手を出そう

なんて考えがちです。

でも、
ソコに走っても、
恐らく同じコトを繰り返します。

なので、ココは是非、

気持ちで敗けず、
改善を繰り返してみてください!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。