スタッフブログ

ペルソナの後にもう1つ。理想の顧客像・抽出メソッド

2018年06月02日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き

雑貨屋さんを例に、

売り上げが発生するためには
お客様が

お店に足を運び
 

店の中に入り
 

商品を手に取り
 

レジまで運び

精算する

という一連の行動を
してただく
必要がある

という話の中で、

店の中に入る

について
陥りやすい注意点として、

誰でも良いから
より多くの人を集客する

という発想は捨てましょう

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
お店に入っていただく前の段階
―――――――――――――――

つまり、

店に入っていただく段階で

理想のお客様に
選ばれているコトが大切

というコトですね!

というコトは、
更にその前段階で

理想のお客様に
お店に足を運ばせる仕掛けが
大切
で、

当然、そのためには

理想のお客様に
お店の存在を知ってもらい
興味を持ってもらう

というコトが
必要不可欠になります。

―――――――――――――――
たった1人の理想の顧客を描く
―――――――――――――――

そして、
ココでもう1度、
思い出していただきたいコトが
あります。

たった1人の理想のお客様に
フォーカスする

というコトです。

で、
その時にシッカリと
考えなくてはいけないのが

たった1人の理想のお客様って
どんな人なのか

というコトですね!

ココで、
いわゆる「ペルソナ」という

年齢・性別・職業・学歴・
家族構成・趣味嗜好ばかりでなく

日常生活のパターン・
休日の過ごし方・
モノの考え方・判断基準・
使っていツール・
口グセなどなど、

具体的に
1人の人物像を描く手法

を使うワケなのですが、
ココにも
大切なポイントがあります。

―――――――――――――――
結局、ソレはどういう人!?
―――――――――――――――

ペルソナで具体的な人物像を
挙げた後、

結局、
ソレ(=自社自店の理想の顧客)

は、どういう人なのか

を抽出するコトです。

分かりますか!?

ペルソナは、前述の通り、
コト細かに1人の人物像を
描く手法ですが、

ザックリ言ってしまえば

絞り込み過ぎ
(笑)

なワケで、

「そのまんまの人」

なんて、
存在するかどうかも
危ういですよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
最も大切な属性を抽出する
―――――――――――――――

そこで大切なのが、

その描いた理想の人物像の中で

自社自店の理想の顧客として
大切な属性は何なのか

を見極めて抽出するコトです。

ココ、
もう少し書きたいので
次回に続きます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。