スタッフブログ

お客様のニーズと提供したい価値とのギャップ

2018年05月14日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

理想の顧客像を
想定する時の注意点として

(理想ではなく)
都合の良い顧客像

を描かないコト

理想の顧客になり得る
見込み客の

ビフォー&アフター

を設定するコトが大切

というコトを
書かせていただきました。

というコトで、

今回は、
ビフォー&アフターとは?

というお話です。

―――――――――――――――
(例)弊社の場合
―――――――――――――――

例えば、弊社の場合。

ビジネスモデルは

高い専門性を持っているのに
集客に悩む小規模事業者

に対して

クライアント様
お一人お一人に合わせた

集客→リピート→ファン化


仕組みを企画立案する
&ノウハウを提供するコト

で、

「仕組みとして」
売上アップを実現するコト

です。

そして、最終的には
クライアント様ご自身で
ファンづくりを実践できるように
なることです。

なのですが、

↑のビジネスモデルを
そのまま伝えても

「ソレ、ください!」

とはならない場合が
圧倒的に多いのです。

なぜならば。

―――――――――――――――
ホントはコレが大切「だけど」
―――――――――――――――

現在の
マーケティング環境の中で
優先的に取り組むべきは、
既存客に対するリピート対策
です。

さらに言えば、

具体的な販促活動に取り組む前に

自社・自店の価値と
理想の顧客像の明確化

つまり
コンセプト・デザイン
しておくべきです。

なのですが、
特に小規模事業者に関しては、

売り上げを伸ばしたい
と思った時に

真っ先に考えるのは

新規の集客

です。

―――――――――――――――
売りたいモノとの食い違い
―――――――――――――――

つまり、

本来すべきコトと
今ほしいモノ

とが違っているワケです。

こういう時、

自分さえ売れれば良い

というコトであれば

新規集客のノウハウのみを
提供する

というコトも考えられるかも
しれませんが、

ビジネスの本質って
そうではありませんよね。
( ̄▽ ̄;)

とは言え、

クライアント様が欲しいモノは
新規集客のノウハウなので、

ソレ以外のモノを
売り込まれても買いたくない、

というか買いませんよね。

―――――――――――――――
この「あるある」こそが!
―――――――――――――――

このように、

本当に価値があるので
提供したいモノ

 

お客様のニーズが食い違うコト

 

って

どんなビジネスにも
ありますよね!?

この「あるある」こそが

理想の顧客層の
ビフォー&アフター

です。

次回に続きます!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。