スタッフブログ

ペルソナ失敗あるあるに陥らないためのビフォー&アフター設定

2018年05月12日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回の話
―――――――――――――――

前回、

人の意見は聴くべき
●ターゲットを
理想の顧客に育てる

というコトの大切さを
改めて感じた

というコトで、

その中から、
まずは1つ目の

人の意見は聴くべき

について
書かせていただきました。

今回は、その続きです。

―――――――――――――――
理想の顧客に育てる
―――――――――――――――

前回の話の中で、

コチラが
良かれと思っていたモノでも、

(実際に価値があっても)
その価値が伝わらない限り

見込み客には

まーったく響かない。

なので、
自分目線だけではなく

人の意見が大切なのだ

というコトを書きました。

その流れからの

ターゲットを
理想の顧客に育てる

という話になります。

―――――――――――――――
ペルソナにご注意!
―――――――――――――――

マーケティングで良く言う

ペルソナ。

理想の顧客像のコトですね!

コレを創るコトは非常に大切

なのですが。

その際に
注意しなければいけない
コトがある

というコトを
今回の件で改めて感じました。

―――――――――――――――
理想と言うより、都合の良い客
―――――――――――――――

ペルソナの設定をする際、
やってしまいがちなのは

「本当に理想的なお客様」

を描いてしまう

というコトです。

つまり、

神様か!

ってくらい

自社自店に文句の1つも言わず
大金を支払い続けてくれる

みたいな人を想定ししまうコト
です。
(笑)

そうなると
「理想」というより、
「都合の良い客」

 

ですよね。
( ̄▽ ̄;)

そこまではいかないとしても、
最初から

「そんな人、
中々、いないのでは?」

という人を想定してしまうコトは
多々あります。

―――――――――――――――
ビフォー&アフターの設定
―――――――――――――――

そうではなく、

最初は
「その価値」に気づいていない

でも、

あなたと
付き合っていく中で

「その価値」「その良さ」が
分かるようになり、

やがて理想の顧客となる

みたいな

ビフォー&アフター

の設定が必要

と、いうコトです。

―――――――――――――――
アフター型になり得る
ビフォー型の人
―――――――――――――――

と、いうコトは

入口の設定は

アフター型になり得る
ビフォー型の人

というコトになりますね。

チョット分かりにくい
でしょうか?
( ̄▽ ̄;)

では、
次回に続きます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。