スタッフブログ

地域資源を活用した独自性のあるキャラクターづくり

2018年05月10日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回、改めて

小規模事業者が
地域資源を活用すべき理由

として

スキルや品質など

素人であるお客様にとっては
他との区別がつきにくい

レベルの高い専門性

ばかりでなく

独自性、つまり

自身の理念や好きなモノ・
大切なモノを編集した

世界観づくり

に有効である

というコトを
書かせていただきました。

そこで!

前々回まで紹介していた
地域資源の活用方法の続きです。

―――――――――――――――
コレも貴重な地域資源です
―――――――――――――――

地域資源の
活用方法の1つとして

意外と(?)
どこにでもある

地元の民話
の登場人物を
キャラクター化する

という方法をご紹介しました。

今回は、
それについてのメリットを
お伝えします。

―――――――――――――――
まずはコレがあります
―――――――――――――――

まず、
何と言っても

地元との縁(ゆかり)が
ハッキリして

地元ならではの独自性がある

というコトです。

今や世の中に溢れている
ご当地キャラクターの数々。

僕の偏見かもしれませんが

「そこじゃなくても
使えちゃうんじゃない!?」

みたいな
残念なキャラクターたちが
それなりの割合で存在している
ように感じています。

その点、

地元の民話って、
オリジナリティが高いですよね!
(≧▽≦)

まぁー、その民話自体が

どこにでもありそうな話

というコトも

しばしば、
あるようではありますが。
(―。―;)y~

―――――――――――――――
ケッコー、深みがあります
―――――――――――――――

そして、
↑にも関連しますが

「深い」という印象を
与えられます。

例えば、
地元の特産品をモチーフに
キャラクターを創る場合など、

そのまんまじゃん

みたいな作品、

数限りなくありますよね。
(笑)

ソレらと比べると、
昔々から伝わる民話や史実って

そのまんま使ったとしても

深さが違いますよね。

―――――――――――――――
相乗効果を得られます!
―――――――――――――――

更に言うと

地元の民話や史実って
地元の人にも
意外と知られていないモノです。

なので、

民話や郷土史があっての
キャラクター

であるものの、

逆に
キャラクターから
地元の民話や史実を知る

という流れも大いにあります。

ソレはソレで、

地域にとって大切なコト
ですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
つまり、共感と好感です!
―――――――――――――――

上記に挙げた以外にも
まだまだメリットは
たくさんありますが

ソレらをひっくるめて言うと

早い話、

あなたの
未来のファンとなり得る
地域の人たちの

共感と好感を得られる

というコトですね!

ただし!
キャラクターに限りませんが
地域資源はその名の通り、
地域のモノ
です。

自分のメリットばかりを
考えて利用すると

共感と好感どころか

悪印象

を与え続けるコトに
なりかねません。
(―。―;)y~

その点は
十分に注意しましょう。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。