スタッフブログ

今、小規模事業者だからできる地域の小さなコミュニティづくり

2018年04月26日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回の話
―――――――――――――――

前回は、

中小企業経営者や
小規模事業者が

地域に関心を持ち

何かしら
地域で取り組みをしようと
考える際に

新しいイベントを
企画して地域を盛り上げる

みたいなアイデアを
考えがちで、

ソレはソレで
決して悪いとは言わないモノの

実は

ソレだけでは不十分

だと、いうようなコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
恐怖の燃え尽き症候群
―――――――――――――――

何が不十分なのかと言えば

典型的なのが
前回、
書かせていただいたように

打ち上げ花火

に終わるケースが非常に多い

というコトです。
(ーー;)

やっぱり、
何かをはじめようとする時の
勢いやエネルギーって
スゴイんです。

そして、
その時は
1回で終わらせるなんて
コレッぽっちも
考えないんですね。

なのですが、

最初の1回に
全力で取り組むほど・・・、

燃え尽き症候群

に陥りがちなんです。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
打ち上げ花火だけだと
―――――――――――――――

ソレだと、
瞬発的には盛り上がるかも
しれないけど、

「本質的に」
地域が活性したかと言えば

・・・ですよね。
(―。―;)y~

少し前に書いた
ももいろクローバーZの

『春の一大事』

というコンサートも
同じなんです。

コンサートを開催する
「その日」は
全国から人が集まって

メチャクチャ盛り上がるけど、

翌日には誰もいなくなって、
また元通り

みたいな。
( ̄▽ ̄;)

※もちろん、その場だけでも
来場者が盛り上がって
楽しめるのは良いコトですよ!

―――――――――――――――
商店街では、こんな矛盾が
―――――――――――――――

実は、
多くの商店街も同様の課題を
抱えているそうで

商店街の役員さんである
店主が中心になって

イベントの準備・運営をして

「その日」「その時」は
たくさんの人が集まるけど、

イベントが終われば
また元通り。

しかも、昔はともかく
今となっては

 

イベントには来ても
商店街のお店には入らない

なんてコトが普通に起こります。

更に言えば、
こういうイベントを開催する際、
中心になってがんばっている
店主の方は

イベント当日、

自店を閉めて
イベントに関わらなければ
いけない

なんて矛盾が生じるコトも
少なくないそうです・・・。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
小規模事業者の出番です!
―――――――――――――――

そう考えると、

単発の集客イベント

更に
商店街に関して言えば

ソレを商店主が運営するコト
って、

構造的に無理がある

と思いませんか?
( ̄▽ ̄;)

それらの諸事情も踏まえ、
今、地域に必要なのは

小さなコミュニティ

であって、

ソレを創り上げていくためには

地元の中小企業や
小規模事業者が必要なのでは?

なんて考えていますが、
いかがでしょうか?

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。