スタッフブログ

スモールビジネスにメリットを生む地域活性事業

2018年04月24日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話です
―――――――――――――――

前回は、

あの
ももいろクロ―バーZ が
開催した

『春の一大事 in 東近江市』

というコンサートで

人口12万人弱のまちに

2日間で3万人ものファンが
押し寄せた

という事例を紹介しつつ、

↑の様に

大仕掛けのサプライズ

みたいな地域活性もあるけれど

僕たち小規模事業者は

もっと違う切り口で
地域を活性させていかなければ
いけないのでは?

なんて投げ掛けを
させていただきました。

―――――――――――――――
こーゆーコトなのでは!?
―――――――――――――――

あくまでも
僕の仮説の域を出ませんが

僕たち小規模事業者が
取り組むべき地域の活性とは

小さなコミュニティづくり

ではないか、
と考えています。

(そのまんまですが・笑)
大きくなくて良いんです。

派手でなくて良いんです。

むしろ、

同じ地元

という属性を最優先にした上で

・地元を楽しみたい
・地元を元気にしたい

みたいな価値観を持った
お互いの顔が見える仲間たち

みたいな感じでしょうか?

―――――――――――――――
(ぶっちゃけ)事業者のメリット
―――――――――――――――

業種や業態によって
違いはあるかもしれませんが

↑のようなコミュニティが
商圏内にあるかどうかって、

ビジネスに少なからぬ
影響を及ぼしますよね?

店舗ビジネスはもちろん、

士業やセラピストなど

Web集客のノウハウが
ネット上に溢れかえっている
業種であっても、

ターゲット層って
地元にいますよね!?

ソレは
小規模事業者ばかりでなく
中小企業でも同様でしょうし、

社員であれ、パートであれ、
人を雇う事業であれば

集客面ばかりでなく
求人面でも

地域と顔が繋がるコトで
大きなメリットが
得られそうですよね?

―――――――――――――――
年々、増加中です!
―――――――――――――――

それだけに・・・、

というと、
集客や求人など

直接的なメリットだけが狙い

みたいな
印象になってしまうかも
しれませんが
(笑)

積極的に地域に関わろうとする
大企業は増えているし、

中小企業経営者や
小規模事業者も

地域に目を向ける人が
年々、増えていると思います。

なのですが。

―――――――――――――――
なのですが・・・、つづく(笑)
―――――――――――――――

まぁー、コレも

ザッと周りを見渡した範囲

という感じではありますが、

中小企業経営者や小規模事業者が
地域に関心を持って
何かに取り組もうとした際、

(僕個人は)
少し違和感を覚えてしまう
ありがちな発想があります。

ソレは・・・・、

またまた、
次回に続きます。
m(__)m

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。