スタッフブログ

意外と見落としがちな、お客様を流出させない2つのポイント

2018年04月16日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
1,000名の顧客リスト「も」
―――――――――――――――

少し前に聴いた
とあるお店のお話。

そのお店のPOSデータによれば
1年の間に
お店を利用した人数は

約1,000名

だそうです。

「延べ」ではなく、
お客様の人数ですね。

な・の・で・す・が

なんと、
そのお店からお客様に
アプローチする手段が

  0(ゼロ)

なんだとか・・・。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
あの頃なら良かったかもね
―――――――――――――――

つまり、

お客様が
来店してくれるもくれないも

全てはお客様の気の向くまま

というコトですね。
(汗)

まぁー、たしかに

20年30年前の

まだ

・大手不在
・バブル崩壊の荒波が
小規模事業者にまで及ぶ手前
・デフレスパイラルの手前

の頃までは

こんな感じで良かったのかも
しれません「が」。
(ー。ー;)

―――――――――――――――
アレもダメ、コレもダメって
―――――――――――――――

前述のお店も

正確に言えば、
住所・電話番号は
分かっているので、

手紙・ハガキ・電話連絡は
可能だそうです。

つまり、(物理的には)

ニュースレターや
ハガキDMは

出来るワケです。

でも、

お金が掛かるからイヤ

とのコト。

ならば!

メルマガならば
お金が掛からないので、

メールアドレスを
集めてみては?

と提案したところ

メールアドレスなんて
誰も書いてくれない

とのコト・・・。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
そりゃ流出するわ、って話でしょ
―――――――――――――――

くれぐれも

お金を使って
販促をしなければいけない

とか

メルマガが唯一無二の
正しい集客方法

とか
言っているワケでは
ありません。

が、

何もしなければ

1,000人もいる
既存のお客様だって

流失し放題

なのでは!?
( ̄▽ ̄;)

そして、もう1つ。

このお店が見落としている
大きな課題が。

―――――――――――――――
長いから書いてもらえないのか?
―――――――――――――――

チョットだけ、
辛口を述べさていただきます。

メールアドレスだから
書いてくれないのではなく

メールアドレスをお願いしても
書いてもらえない程度の
信頼関係

というコトです。

店主が言うには

メールアドレスなんて
長いから書いてもらえない

とのコトでしたが、

例えば

スマホのスキャナーで
QRコードを読み込んで、

そこから
空メールを送るだけ

のように
手続きを簡素化させたところで

同店のお客様は
登録なんて
してくれないのでは!?

つまり、
お店に期待していないし

信頼関係(=絆)なんてないし

登録したって
売り込みの情報しか送られない

と思われているのでしょう。

―――――――――――――――
喜ばれる情報と信頼関係
―――――――――――――――

と、いうコトで

卵が先か
ニワトリが先か

という
話になってしまいますが

大切なのは
お客様との絆づくり

ソレを構築するためには

コチラから
お客様にアプローチすること

そして
そのためには

お客様のお役に立つ情報や
喜んでいただける情報

がとても有効です!

「私にも是非
送ってください!」

と言っていただける
コンテンツ

 

安心して登録していただける
信頼関係

を構築しましょう!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。