スタッフブログ

繁忙期には新規集客、閑散期には既存客限定キャンペーン!

2018年03月12日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
花屋から謎のメッセージ!?
―――――――――――――――

先日、花屋の友達から

「明日から
音信不通になります」

という
謎のメッセージが届きました。
( ̄▽ ̄;)

ナニゴトかと思い訊ねたら、

卒業シーズンの
繁忙期に突入するため

連日、寝る間もない激務になる

というコトでした。
(笑)

お花屋さんに限らず、
春先が繁忙期のお仕事って
色々とあると思いますが、

このご時世に
音信不通になるほど忙しいって、

やっぱり嬉しい悲鳴
ですよね!
(≧▽≦)

とは言え、

くれぐれもご自愛ください。

m(__)m

ちなみに、

キャンペーン等々で
より効果が出やすいのは、

繁忙期 / 閑散期

どちらだと思いますか?

―――――――――――――――
正解は●●期です!
―――――――――――――――

↑の文言どおり

より効果が出やすい

という意味では、

繁忙期

が正解になります。

考えてみれば当たり前ですが、

繁忙期には
繁忙期たる理由が
何かしらあるワケです。

もう少し噛み砕くと、

繁忙期には
多くの人にとって
ソレを買う理由ができる
ワケです。

クリスマスには
ケーキやフライドチキンを
買う理由ができるし、

節分には
恵方巻きを買う理由ができます。

春先には
コートをクリーニング屋さんに
出す理由ができます。

―――――――――――――――
ただし、もう一方で
―――――――――――――――

だからこそ!

(何かしらの特典を付けるなど)
買う理由を
もう1つ提示するコトで、
より一層の反応を
得やすくなるワケです。

一方で、

繁忙期は
黙っていても売れる

閑散期で時間ができた時こそ
販促をがんばるべきだ

という考え方もあります。

その考え方自体は
間違えだとは思いませんが、

前述の考え方に
照らし合わせてみると・・・。

―――――――――――――――
閑散期こそ販促!?
―――――――――――――――

閑散期は、

買う理由が少ない時期

と言えますよね。

フライドチキンは
クリスマス以外にも食べるけど、

クリスマスほど
「今!」という
決定的な理由はありません。

恵方巻き・・・、は、
そもそも売っていないけど、

「恵方巻き」として買う理由は
ありません。

閑散期こそ、
販売促進をがんばって
厳しい時期を乗り越えましょう!

なんて言う広告・販促関連の
業者もたくさんいますが、

何はともあれ、
知っておくべき大前提は

閑散期とは、
人が動きにくい時期である

というコトです。

―――――――――――――――
忙しい時を更に忙しく!
―――――――――――――――

というコトで、

こんな考え方を
提案させていただきます!

特に新規の集客は、
繁忙期を目掛けて行います。

買う理由があって、
人が動きやすい時に
シッカリと動いてもらいます。

繁忙期は、

買うか買わないか

ではなく

どこで買うか

で、
多くの人が迷う時期とも
言えますからね!

この時期に
(もしくは、この時期に向けて)

「試してもらう」ための
機会を積極的に創りましょう!

―――――――――――――――
閑散期には●●●限定で!
―――――――――――――――

さらに
忘れてはいけないのが、

閑散期の考え方です。

ソレまでに
何の接点も無い人を

買う理由が少ない時期に

行動させて買っていただく

というのは、
やはりハードルが高いですよね。
( ̄▽ ̄;)

だからこそ!

閑散期のターゲットは
既存客
です。

つまり、

繁忙期にシッカリと
新規集客
をして、

閑散期には

あなたの
商品・サービスの良さを
既に知っている・体験している

既存客「限定」

のキャンペーンを仕掛ける

という
考え方はいかがでしょうか?
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
専門家向け<物語型>集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。