スタッフブログ

集客力4倍!青森県の「一点集中型」集客メソッド

2018年03月07日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
青森県がNO.1
―――――――――――――――

突然ですが、
「インバウンド」の話です。
しかも東北。

2017年の青森県の外国人
延べ宿泊者数
(従業員10人以上の施設)は

24万人弱だそうで、

この数字、
なんと宮城県を抜いて
初めて東北1位になった
そうです!

北海道新幹線開業など、
北海道からのアクセスが
良くなったこと、

青函エリアの旅行商品が
好評なことも

大きな理由だそうですが、
その他にもう1つ、

興味深い理由があるそうです!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
もう1つの理由
―――――――――――――――

ソレは

リンゴ効果

なんだとか。
( ̄▽ ̄)

実は、
アジア諸国の
リンゴの輸入先って、
青森県が多く占めているのだ
そうです。

そこで(?)、
三村県知事はリンゴと観光の
宣伝を台湾で展開したところ、
現地で浸透しているのだとか。

―――――――――――――――
青森県と言えば!
―――――――――――――――

青森県と言えば、

りんごはもちろん、

ねぶた&ねぷた、
津軽海峡、恐山、八甲田山、
せんべい汁、などなどなどなど、

PRしたい観光資源は
山ほどあるワケです。

実際に、
従来はソレらをPRしてきた
ハズですよね?

それにも関わらず、
2010年の外国人延べ宿泊者数は
前述の約1/4に当たる
6万人弱程度だったとか。

以下は、
あくまでも個人的な仮説の域を
抜けませんし、

前述の通り、
インバウンドが急増した理由は
いくつもあります。

なのですが、
その理由の1つについて、
勝手に仮説を立ててみます。

―――――――――――――――
ソレは、リンゴ効果です!
―――――――――――――――

ソレは

リンゴ効果

です。

(2度目・笑)

つまり、

PRしたい観光素材が
色々とある中で、

敢えて、

アジア諸国(=ターゲット)に
浸透している
「リンゴ」(=アイテム)に
絞り込んだ

というコト。

要するに、

分かりやすかった

のだと思います。

この現象(?)、

僕たちの日々の商いでも
同じコトを起こせるのでは
ないでしょうか?

―――――――――――――――
まずは見直すべきコト
―――――――――――――――

まず、
僕たちがやりがちで
見直すべきコトの1つに

つい、
アレもコレも、

何でもあります!
何でもやります!

って、言っちゃいがちですよね?

その結果、

競合と区別が付かなくなったり、

大手の方が「上」に思われたり、

その結果、

選ばれなくなる

なんてコト、
起きていないでしょうか!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
リンゴ効果を狙う!
―――――――――――――――

もし、
心当たりがるようでしたら、

リンゴ効果

のごとく、

競合とは違う
あなたならではの

特別な逸品を絞り込んで、

集中的にPRしてみませんか?

〇〇〇(=逸品)と言えば
あなた

というイメージを
浸透させることによって、

むしろ、
他の商品・サービスをPRする
機会が多くなりますよ!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。