スタッフブログ

従来の技術を活用して、新しい市場を開拓した事例

2018年03月06日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
脱・従来のビジネスモデル
―――――――――――――――

クライアント様から
良く聴く声の1つが

少子高齢化や人口減少などなど、
社会現象や情勢等の

外部環境の影響で

年々、
お客様が減り、売り上げが減り、

というお話。

全然、
他人事ではありませんし、

事業者なら誰もが意識しなければ
いけないと思うのですが、

決して簡単ではないのが

脱・従来のビジネスモデル

ですよね。
(―。―;)y~

特に!

昔からある業種で
業界や市場が
縮小しているような場合は

急務

ですよね。

―――――――――――――――
ソソラレるシリーズ名です(笑)
―――――――――――――――

そんな中、
(消費者として)
チョット身近(?)な事例です。

近頃、
自宅でおつまみにできる
冷凍食品が増えているそうです。

味の素冷凍食品では、

「夜九時のひとり呑み」
というシリーズで

豚角煮・れもん豚カルビ・
揚げ茄子の煮浸し・よだれ鶏・
にんにく空芯菜

の6種類を

グルメ雑誌・dancyu

と共同開発したそうです。

―――――――――――――――
冷凍食品市場の盛衰
―――――――――――――――

(僕が読んだ記事によると)
冷凍食品の市場が
少子化の影響で、

従来、主力だった
「弁当向け」
が頭打ちなのだ、とか。

一方で、
スーパーやコンビニで
酒やおかずを買って
自宅で飲む

家飲み

が定着していて、

アサヒグループ・
ホールディングスが昨年、

20歳以上の男女約2,100人に
行ったアンケートでは、

自宅で週に4回以上お酒を飲む

と答えた人が52.9%だった、
とかで、

なんと
8年連続で約5割の水準を
維持しているとのこと。

―――――――――――――――
今後、更に成長する市場
―――――――――――――――

この動向について、
関係者からは

来年、
消費増税が予定されている
ことから、

節約志向が強まり、
さらに「家飲み需要」が
高まる可能性がある

との読みがある、とか。

―――――――――――――――
そのノウハウは、もう要らない?
―――――――――――――――

前述の味の素の事例は、

従来の「冷凍」の技術を
活用して

市場を変えた

というコトですよね。

冒頭に挙げた
従来のビジネスモデルが
通用しなくなってきた
業種に携わる方で、

・こんな業種、もうダメだ。
・こんな技術、
今時、何の役にも立たない

みたいなコトをクチにする人が
少なくありません・・・。
( ̄▽ ̄;)

でも、

案外、
そうでも無かったり

それどころか、

その技術やノウハウが
あるからこそできるアレンジ

って、
たくさんあると思います!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
また、書きますね!
―――――――――――――――

まとめが抽象的になって
しまいました(苦)が

このテーマ、
すごく重要なので

また機会を創って
取り上げます!

蛇足ながら、

「夜九時のひとり呑み」

って、

その場面が目に浮かぶのに

「さみしい」

よりも

「ワクワク、ソソラレる感じ」

の方が強くありませんか!?

なぜだ・・・!?
( ̄▽ ̄)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。