スタッフブログ

メダリストから導き出す「アレ欲しい!」の方程式

2018年03月03日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
こういう心理があるんですね!
―――――――――――――――

・羽生選手のマスク
・小平選手の一本歯下駄と
2色のサングラス
・もぐもぐタイムの
「赤いサイロ」

などなど、

平昌オリンピックを盛り上げた
選手たちに縁のあるアイテムが
人気だそうです!
(≧▽≦)

改めてナンですが、

やっぱり、
こういう心理って
あるんですね!

まぁー、

だから、

企業は
有名人とタイアップするんだし、

フィルム・コミッションは
撮影を誘致するんですもんね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレ、僕たちも利用したいです
―――――――――――――――

こんなに効果があるのなら、

僕たちだって
利用したいですよね!
(≧▽≦)

とは言え、

有名人とのタイアップや
撮影の誘致は難しそうなので

少し違う切り口から、

僕たちにもできる
この心理の活用方法を
考えてみましょう!

―――――――――――――――
なぜ、ソレを欲しくなるのか!?
―――――――――――――――

前述のようなアイテムを
買いたくなる心理って、

輝いている
選手や有名人

あるいは

等身大の主人公

への憧れ

みたいなモノが
大きく影響して、

ソレに加え

・オシャレ / カッコイイ
・美味しそう
・体に良さそう

なんてオマケ(?)があって

衝動的な

「アレ、ほしい!」

になるのでは
ないでしょうか?

―――――――――――――――
興味の対象 × アイテム
―――――――――――――――

というコトは、
ポイントは、

「多少なりとも」
(↑コレ大事)

自分が興味を持つ人物が
愛用している

というコトが
カギになりますよね!

別に
スケートをやってなくても
スポーツすらやってなくても
北見市に何の縁もなくても

良いんです。

その人(たち)に
多少なりとも興味がある

というコトが大切です。

つまり、

興味の対象 × アイテム
= 「アレ、ほしい」

というコトですよね。

・・・こう書くと、

やたら薄っぺらい表現にも
思えなくもありませんが。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
「アレ、ほしい」を喚起するには
―――――――――――――――

で、あれば、

ターゲット層の「興味の対象」を

キャラクター化(=ペルソナ)
して、

そのキャラクターが
アイテム(=商品・サービス)を
利用する場面を描くコトで、

「アレ、ほしい」

を喚起させるコトができるハズ、

ですね。

まぁー、
(恐らく)コレがCMの基本構造
なのでしょうけど。
(汗)

で、
コレを僕たちのビジネスで
再現できるとするならば・・・。

―――――――――――――――
〇〇〇で問題を解決する物語
―――――――――――――――

例えば、
この5~6年でバンバン
メジャーになってきている

まんが広告

です。

主人公は

商品・サービスの
ターゲット層
(=ペルソナ=理想のお客様)
です。

その主人公が
「何かしらのキッカケ」で

商品・サービスと出逢い

問題を解決していく

みたいなストーリーですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
まんが広告じゃなくても良いです
―――――――――――――――

もちろん、
まんがでなくても良いんです。

紙芝居っぽいスライドでも
良いし、

(書き方が重要ですが)
文字だって
良いワケです。

大切なポイントは、
ターゲット層に

・「自分のコト」と感じさせる
・売り込みのニオイがしない
・商品・サービスを
 利用している場面と
 利用することで得られる
 メリットを
 具体的に想像させる

というコトです!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
まずは、物語を創ってください!
―――――――――――――――

もし、最初から

↑のような
(まんが広告などの)
媒体を創るコトが
難しいとしても

まずは、

主人公(=理想のお客様)が
あなたの
商品・サービスと
出逢い、

問題を解決する物語

だけでも想定してみてください!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。