スタッフブログ

ターゲットにフォーカスした高付加価値化の事例

2018年02月10日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
今週のお騒がせニュース
―――――――――――――――

今週、メディアを騒がせた
話題の1つが、

アルマーニの標準服。

東京都中央区立泰明小学校では、
この4月から入学する生徒の
標準服をリニューアルするそうで

その標準服のデザイン監修を

イタリアの高級ブランド
「アルマーニ」に依頼したの
だとか。

今、「アルマーニ」だけで
検索したら、
その記事ばかりでした。
(笑)

―――――――――――――――
気になるお値段
―――――――――――――――

ある記事によれば、

学校の説明では
現在の標準服だと

上着・長袖シャツ・ズボン・
帽子を揃えて

男子 17,755円
女子 19,277円

のところ、
新しい標準服では

洗い替えのシャツまで含め、
約9万円、だとか。
( ̄▽ ̄;)

コレについて、各メディアでは

「小学校の標準服でありえない」

「私立ならまだしも
公立でなんて」

と言った論調が主なようです。

ちなみに、学校側は昨年9月に
説明会を行っており、
ソレに対する否定的な意見は
少数なのだ、とか。

―――――――――――――――
校長先生のご意見
―――――――――――――――

で、学校側、というか
校長の意見として

「時代の変化を体感させつつ、
泰明小学校の児童である
というアイデンティティを
育成していくための一環」

「これまでの歴史や伝統を
守りつつ、

小学校での
『英語教育の導入』や、
『地域との密接な連携』という

新しい教育プログラムの導入と
並行して行われていく

泰明小学校の
新しい時代に向けた変化であり、
進化でもある」

「学校とは、学問だけでなく、
倫理的な考え方や、
集団生活でのあり方も
同時に学ぶ場である
と考えている。

『服育』という考えに基づき、
装うものからも学びの機会を
得てもらいたい」

と述べているそうです。

―――――――――――――――
で、この1件は置いといて(笑)
―――――――――――――――

で、
この1件の良し悪しは
棚に上げておきます。

この事例を僕たちの事業に
置き換えると、

見えてくるコトが色々と
あるように思えました。

公立小学校だからこそ、
(メディア好みの?)議論が
生じる取り組みですが

コレ、
僕たち事業者は、むしろ
見習うべきポイントが
多々、あるのでは・・・!?

―――――――――――――――
コンセプトと市場分析
―――――――――――――――

●コンセプト

前述の通り、校長先生の説明に

「時代の変化を体感させつつ、
泰明小学校の児童である
というアイデンティティを
育成していくための一環」

というのがあったそうです。

「泰明小学校の
アイデンティティ」が
どういうモノなのか
分かりませんが、

僕たちに置き換えるのなら、

自社のアイデンティティを
表現して発信して
お客様や地域社会と共有する

って、
とてもとても大切ですよね!
(≧▽≦)

●商圏

泰明小学校のある中央区は

(やまだ調べでは)
2017年7月の調査で

平均年収556万円で
23区中、第4位

昼夜間人口比率※「493」で
23区中、第2位

という、
いわば日本有数の大都会です。

※昼夜間人口比率

夜間人口を「100」とした
場合の昼間人口との比率。

中央区は夜間人口(=住民)の
約5倍の人口が通勤通学している
(=大都会)というコトに
なります。

●高付加価値

ちなみに、泰明小学校は
公立校とは言え、

「特認校」

だそうで、学区外からも
(中央区であれば)
入学できるそうで、

つまりは

競合と明確な差別化をして

見込み客に「選ばれる」
必要があるワケです。

―――――――――――――――
見習うべき非常識!
―――――――――――――――

そんな視点で考えると、

(公立小学校としては
是非が問われるのかも
しれませんが)

ターゲット層を
日本有数の大都会に暮らす
高所得層(経済的な成功者)で

高級ブランド=ステイタス

であるとするならば、

競合他社が全く手を着けていない
領域(高級ブランドの標準服)に

非常識(?)に切り込んでいく
って、

間違えてませんよね!?

むしろ、この高付加価値化は
僕たちも見習うべきところが
少なからず、あるのでは!?
( ̄▽ ̄;)

蛇足ながら・・・。

公立小学校が
ソレをやったコトに
大賛成しているワケでは
ありませんからね。
(笑)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

 

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
<a href=”https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757″ target=”_blank”>物語型集客術メールマガジン</a>

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
<a href=”https://www.warau-kado.com”>https://www.warau-kado.com</a>

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
<a href=”https://www.facebook.com/waraukado.co/”>https://www.facebook.com/waraukado.co/</a>

◆山田浩和のFacebook
<a href=”https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58″>https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58</a>

◆集客したい人!まずはココから!
<a href=”https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656″ target=”_blank” rel=”noopener”>ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座</a>
(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。