スタッフブログ

やらされてる感をワクワク感に代える友チョコ的マーケティング

2018年02月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
自然発生的に生まれた友チョコ
―――――――――――――――

さてさて。

節分が終わったと思えば、
次はバレンタインデー。

ココ数年・・・、

と思っていたら、

「そのワード」が誕生してから
既に10年以上も経つという

友チョコ。

ご存知の通り、
日本のバレンタインデーは

製菓業界・小売業界の
販促・マーケティングの結果、
広まったワケですが、

友チョコに関しては、
意外にも(!?)

自然発生

なんだそうです。
(やまだ調べ)

―――――――――――――――
日本は、義理チョコをやめよう。
―――――――――――――――

なのですが。

コレ、
マーケティングの仕掛け
だとしたら、

かなり秀逸

ですよね。

と、言うのも

バレンタインデーと言えば

良し悪しの
賛否両論がありますが、

義理チョコ

という
日本的おもてなし文化(?)

がつきまとうワケで、

かのGODIVAも

「日本は、
義理チョコをやめよう。」

というキャッチコピーの
新聞広告を出した、とか。

―――――――――――――――
やらされている感(笑)から
ワクワク感へ!
―――――――――――――――

で、
ちゃんと調べたワケでは
ありませんが、

恐らく、
義理チョコって縮小傾向
なのではないかな、と
思います。

その状況下で

友チョコ

という新たな市場。

チョコレートを贈る相手を
職場や学校の

お世話になっている方
(および「その周辺」)

から

友だち

に代わったコトで

従来の

やらされている感(笑)

ワクワク感

に変わる

という
新たな価値が生まれたワケです!
(≧▽≦)

お子さんがいる家庭では、
お母さんたちが
大変なんだそうですが・・・。
(―。―;)y~

―――――――――――――――
サラッとスッと、新たな価値を!
―――――――――――――――

前述の通り、
(やまだ調べですが)

友チョコは
自然発生的に生まれたそう
ですが、

コレが狙いだったら

スゴイ・マーケティング

ですよね!
(≧▽≦)

今、様々な市場が

飽和状態
競争激化
縮小傾向

なんて状況です。

そんな中、
同じ商品・サービスの

ターゲットや
シチュエーション

を「サラッと」「スッと」

差し替えて

新たな価値や市場を創造する

なんてコト、
できないでしょうか!?
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。