スタッフブログ

「ありそうで無い」を見つけて1人勝ち市場を創る!

2018年01月27日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
横浜の寒さをお伝えします
―――――――――――――――

今週の横浜、
どのくらい
寒いかと言うと・・・。

「水きりカゴのフタ」

って、分かりますか?

洗い終わった食器に残っている
水を切るためのカゴ、
ありますよね。

ソレのフタがあるんです。

「要らない」

という人も
多いかもしれませんが。

もしかしたら、
製造者には失礼に当たるのかも
しれませんが、

ウチではソレを

ベランダのサンダル用カバー

として
活用させていただいています。
m(__)m

で、一昨日、

ベランダに出るので、
そのカバーを外そうと
思ったところ、

取っ手(?)に
指が入らないので、

どうしたのかと
思ったら・・・、

取っ手になっている
「くぼみ」に

ガッチリと氷が張ってました。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
今、売れているそうです!
―――――――――――――――

多分、ベランダなので、
一気に積もるほどの雪は
吹き込んでは来なかったの
でしょう。

少しずつ吹き込んでは
「くぼみ」に落ちて溶けて

を繰り返して、

くぼみ一杯に溜まった
雪解け水が寒さで凍った、

というコトなのでしょう。
( ̄▽ ̄;)

それはともかく。

(我が家では
 「水きりカゴのフタ」を
  代用していますが・笑)

今、この

ベランダ用スリッパのカバー

が売れ筋だそうです!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
「ありそうで無い」を見つける
―――――――――――――――

このニーズ、分かりますよね!?

ベランダに行くたびに
玄関から靴を持って行くのは
面倒だし、

ベランダ専用に置きっぱなしに
すると、

雨風にされて汚れてしまう。

汚れたサンダルを履いた後、
そのまま部屋に戻るのはイヤ。

というワケで、

一家に1つ(笑)、

ベランダ用スリッパのカバー

というワケです。

コレ、昔からありましたか?

僕は知らなかった
(なので、水きりカゴのフタ)
ので、

無かった前提で書きますが、

ココに目を付けた人、

エライ!

ですよね!!
(≧▽≦)

この

「ありそうで無い」

を見つける眼力、

コレから益々、
磨かなければいけませんよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ホンのチョットしたコトが!?
―――――――――――――――

スモールビジネスにとって

専門性

って、
改めて言うまでも無いくらい
大切ですよね。

一方で、
ココに集中すればするほど

思考の盲点

が大きくなって、

固定観念で凝り固まってしまう

という恐れも生じます。

なので、

自分の常識を疑い続ける

という視点もまた、
大切ですよね。

・既存の商品を
 違うターゲット向けに
 アレンジする

・既存の商品を
 同じターゲットに
 違う用途を提案する

など、

ホンのチョットしたコトが
大きな変化を生み出すキッカケに
なるかもしれませんよ!
(≧▽≦)

ぜひ、考えてみてください!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。