スタッフブログ

ターゲットをズッキューンさせるリバイバルとノスタルジック

2018年01月12日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
2度、ビックリしました
―――――――――――――――

誕生40周年記念
「PLAY!
  スペースインベーダー展」

ご存知ですか?

その名の通り、

<あの>
スペースインベーダーが
誕生して40年だそうで、

その記念イベントだそうです。

「スペースインベーダー
      ギガマックス」

というゲームが目玉だそうで、
コレがスゴイ。

会場の六本木ヒルズ展望台の
窓ガラス(縦7m × 横15m)に

プロジェクション・マッピングで
インベーダーを投影するそうで、

宇宙から来たインベーダーと
闘う雰囲気が
ド迫力で
演出されていますよね!

まさに!

当時の少年たちの

<夢>

ですね!
(≧▽≦)

この企画自体にも驚きましたが、
ビックリがもう1つ。

―――――――――――――――
夢のようなコラボが実現!
―――――――――――――――

同イベントの内覧会が昨日、
開催されたそうなのですが、

なんと、そこに

<あの>
『ゲームセンターあらし』

の作者すがやみつるさんが
登場し、

「スペースインベーダー
      ギガマックス」

を実演された、とか。
( ̄□ ̄;)

・・・なんて言っても、

知らない人や興味ない人には、

まーったく刺さらない話

ですよね。
( ̄▽ ̄;)

でも一方で、
僕がそうであるように、

刺さる人には

ズッキューン!
と、ドストライクに

刺さるワケです!
(≧▽≦)

で、想うコトは、

このズッキューンを

自分たちのビジネスで
創れないか、

ってコトなんです。

―――――――――――――――
リバイバルとノスタルジック
―――――――――――――――

今回のイベントの

ズッキューン素材

は、

・リバイバル
 →かつての名作・名品・
  ヒット商品を
  現在の技術を活用して
  甦らせる

・ノスタルジック
 →昔、夢中になった〇〇〇

の要素が大きいですよね!
(≧▽≦)

あなたが関連する業界で、

伝説的な
名作・名品・ヒット商品

って、
何かありますか?

また、
ソレを現代風にアレンジして、

2018年版

みたいによみがえらすコトは
できませんか?

例えば・・・、

ホントに思い付きですが、
感覚としては、

スマホの着信音に
敢えて耳障りな黒電話の音を使う

みたいな感じでしょうか?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレ、世界観の源泉では!?
―――――――――――――――

もう1つの

ノスタルジック

は、

「懐かしい」

というだけで、
特に同年代の人の共感を
呼びやすい素材ですよね!

ソレはもちろん、
とてもとても大事ですが、

もう一歩踏み込んで、

夢中になった〇〇〇

を掘り返してみることを
オススメします。

昔、夢中になったコトって、

やっぱり、
今のあなたを創るのに

少なからぬ影響を
与えていますよね!?

ソレをうまく世界観として
表現できれば

きっと、

「あなたならでは」

という独自性が創れますよ!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
1点だけ、ご注意ください!
―――――――――――――――

ただし!

リバイバルもノスタルジックも、

他者(社)の知的財産権に
触れちゃうのはNGですから
ご注意くださいね!

ちなみに、

誕生40周年記念
「PLAY!
 スペースインベーダー展」は

今日から1月31日(水)まで

東京シティビュー
(六本木ヒルズ森タワー52階)

で開催だそうです!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。