スタッフブログ

FBの若者離れに学ぶ顧客満足度UPメソッド

2018年01月11日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
やっぱり中高年向けツール!?
―――――――――――――――

「face bookは
 中高年向けのSNS」

なんて言われているモノの、

ある調査では、
20代の利用率も決して低くない

なんて記事を
つい先日
読んだばかりでしたが・・・。

ソレを全否定する情報です。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
世界的・FB若者離れ現象!
―――――――――――――――

ジャストシステム社
(ソフト開発)が

国内の15~69歳までの男女
1100人を対象に

2016年4月に実施した
調査によると、

face bookを現在利用している
10代の割合が27%で、
前年同月の調査から18%も減少
している、とのこと。

一方、マクロミル社
(ネットリサーチ)が

2015年度に成人を迎えた若者を
対象に行った調査では、

対象者のface book利用率は
36.6%で、12年度の48.8%から
12.2%も低下している、

とのこと。

ちなみに、

この「若者のface book離れ」は

日本だけではなく、
世界的な傾向だとか。

―――――――――――――――
face bookならではの課題
―――――――――――――――

で、
興味深いのが、その理由です。

もちろん、
色々な理由があると思いますが、
記事が取り上げていたのが

Face bookの利用者が増えて、
若者から高齢者まで広がった
結果、

親や先生とも繋がるように
なってしまい

友達同士のやりとりの
親が介入したり
先生の指導が入ってしまう

なんてコトが起こっている、
とか・・・。
( ̄▽ ̄;)

そーなると当然、

邪魔な大人が入り込まない場所、

つまり、
SNSならtwitterやLineなど

に移動しちゃうのは
必然ですよね。

―――――――――――――――
ココで話したいコト
―――――――――――――――

で、
ココで書きたいのは、

face bookは中高年のSNS

だとか

子供のやりとりに大人が
介入するのが云々

という話ではありません。

というか、

SNSの話
ですらありません。

僕たちのビジネスの現場でも

ごくごく
普通に起こっているコト

で、ありながら、

どうしても

止められない、変えられない

というループに
陥りがちなコトです。

―――――――――――――――
普及し過ぎてみたいモノ
        ですが(笑)
―――――――――――――――

Face bookの場合、

普及し過ぎたコトによって、

若者離れ

という現象が起きたワケですね。

↑この書き方だと、
「失敗」みたいな印象を
与えてしまうかもしれませんが、

そういう意味ではありません。

むしろ僕たちも、

普及し過ぎたい

ですよね。
(笑)

そこではなく、
↑の事例から
僕たちスモールビジネスが
学ぶポイントは、

誰にとっても良いサービス

を意識し過ぎた結果、

良い顧客を逃して
そうでない顧客ばかりを
集めていないか

というコトです。

―――――――――――――――
どっちが大事!?
―――――――――――――――

「良い顧客」の定義は
その事業によって様々ですが、

例えば、
飲食店であれば

安い単価で
長居する
一見客

よりは

店の良さを理解してくれた
シッカリ・タップリ
注文してくださる
お得意様

の方が良い・・・、ですよね?

なのですが、

現場では意外にも

そのような良い顧客を
逃がす行動をしてしまう場合が
少なくありません。

その理由は・・・、

―――――――――――――――
その理由は!?
―――――――――――――――

ズバリ!

「お客様は神様」

の精神です。

それが「ダメ」とは
言いにくいのですが、

でも、そうですよね。

単純に、
お得意様をお得意様として
扱わなかったら、

普通に離れていきますよね!?

どっちが大事なの?

って思われちゃいますよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
結局、大事なコトは
―――――――――――――――

だからと言って、
当然ながら

良い顧客・理想の顧客

以外のお客様に

ワザワザ失礼な対応を
する必要はありませんが、
(笑)

だからこそ、
まずは

理想のお客様の基準
(=クライアント・モデル)

は、
設定しておくべきですね!

大事なお客様のための席

は、
キチンと空けておきましょう!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。