スタッフブログ

「価値ある情報」を軸にした販促企画

2017年12月21日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回までのあらすじ
―――――――――――――――

先日から、

コンセプトと販促手法を
整合させるコトが大切

それによって、
理想の顧客層に情報が届き、
また、突き刺さりもする

というコトをお伝えしており、

それに伴い、
物語型集客術で提案している

カスタマイズ販促

について説明しています。

これまでに、
カスタマイズ販促を
構成している

●コンセプト
●ステージ
●ルート
●アイテム
●ルート

について
お伝えしました。

今回からは、

カスタマイズ販促

の考え方で、

販促企画を考えてみようと
思います!

―――――――――――――――
ある八百屋さんの話
―――――――――――――――

ある八百屋さんがあります。

昔ながらの八百屋さんで、
暑い日も寒い日も、

お店に野菜や果物を並べて
販売しています。

もちろん、
その八百屋さんがある地域にも
スーパーが何店かあり、

多くの人が

その八百屋さんを通過して

それらのスーパーに行きます。

なのですが、

この八百屋さんの

「スゴさ」を

知っている人は
知っています。

なので、
一定数のコアファンが
いらっしゃるそうす。

―――――――――――――――
実は、凄いんです
―――――――――――――――

実は、この八百屋さん

仕入れの名手

で、
全国津々浦々に仕入れ先が
あるとのことで、

同じキャベツ1つ取っても

週ごとに仕入れ先を変えて

常に「旬」な品物を
揃えている

とのことです。

コレ、凄いコトですよね。
( ̄□ ̄;)

―――――――――――――――
コレ、価値ある情報でしょ!?
―――――――――――――――

そもそも僕たち、

どの野菜がどこで採れてるなんて
ほとんど知らないし、

(気候など)どういう理由で
その地域が良いのか

なんて、
全く考えもしませんよね?

それどころか、

野菜に季節があることさえ
知らない人だって少なくない

という印象さえあります。

その中で、
この八百屋さんの知識って

価値ある情報

だと思いませんか?

―――――――――――――――
価値ある情報を販促に活かす
―――――――――――――――

この価値ある情報を
販促に活かします。

例えば、
日頃、八百屋さんを通過して
スーパーに行ってしまう人に
向けての発信であれば、

A型看板

が有効ですよね。

で、あれば

●A型看板で気付いてもらって、

<例>
「今が旬!
 今、食べなければ、
 いつ食べる?

 〇〇産の△△△
   入荷しました!」

●POPにもう少し
 詳しい情報を載せ、

<例>
「△△△って、
 〇〇が名産地だって
 知っていましたか?

 その理由は・・・。
 ※正解は店主に!」

●店主に声を掛けさせる

という

購買デザイン

を想定します。

いかがでしょうか?
(≧▽≦)

―――――――――――――――
カスタマイズ販促に翻訳すると
―――――――――――――――

↑の例を
カスタマイズ販促的に
図式にすると、

コンセプトの内、
バリューは

・独自の仕入れ力を活かした
 美味しくて栄養価が高い
 旬な野菜の提供

ターゲットは

・家族の健康を守る主婦

ステージは、

・新規集客

そして、
ルートは

・教育
・情報提供

になりますね。

で、

アイテムは

・A型看板
・POP
・接客

と、なります。

―――――――――――――――
その価値に気づくコトが大切です
―――――――――――――――

いかがでしょうか?

今回のポイントは、

ある販促企画を

カスタマイズ販促の図式に
変換する

というコトが1つですが、

もう1つ、
強烈な集客販促ツールとして
意識していただきたい
ポイントがあります。

それは、

あなたのプロ、専門家
としての

知識や情報です。

良くありがちなのですが、

自分自身が持っているコトが
当たり前すぎて、

その価値に
気づかなくなってしまいます。

ぜひ、

あなたならではの

価値ある情報、

お客様に届けてください!
(≧▽≦)

次回に続きます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。