スタッフブログ

理想の顧客像の創り方1

2017年11月24日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
4回シリーズでやります!
―――――――――――――――

なぜ、
ターゲットを絞らなければ
いけないのか?

というコトを、
前回、書かせていただきました。

今回から、

いわゆる

ターゲットの設定、

物語型集客術でいうところの

クライアントモデル・デザイン

について、
4回に分けてお伝えします。
m(__)m

―――――――――――――――
まずは、ココから
―――――――――――――――

というコトで、

クライアントモデル・デザイン

の、最初の行程は、

嫌いな顧客ベスト3
   &
好きな顧客ベスト3

です!

くれぐれも、
実在するお客様に対して
主観的な好き嫌いを評価する
のではなく(汗)、

お客様のタイプ

を分類して、

あなたにとって、

あるいは、
あなたのビジネスにとって、

理想のお客様か否かを

客観的に評価してください。

―――――――――――――――
なぜ、「嫌いなお客様」!?
―――――――――――――――

あくまでも、
「傾向として」なのですが、

多くのスモールビジネス事業者が
やってしまいがちなのが、

「お客様は神様です」

という発想からの

誰にでも、どんな商品でも

「どんなご要望にも
   お答えします!」

という方針&実践です。

一見、

「それのどこが悪いの?」

という感じではありますが、

だからこそ、要注意なのです。

―――――――――――――――
どちらが大事ですか?
―――――――――――――――

チョット考えてみてください。

あなたのビジネスを
発展させていく上で、

どちらが大事ですか?

A.毎月1万円の売上のお客様
B.毎月10万円の売上のお客様

A.信頼関係の無いお客様
B.信頼関係のあるお客様

A.無理難題ばかりのお客様
B.任せてくださるお客様

間違いなく、上記3問全て、
「B」のお客様と付き合うコトが
大切ですよね?

なのにも関わらず・・・。

―――――――――――――――
お客様を選ぶなんて・・・
―――――――――――――――

「お客様を選ぶなんて
     トンデモナイ!」

なんてコトを、
おっしゃるクライアントさんも
それなりにいらっしゃいます。

が、そうでしょうか?

例えば、
上記「A」の人が
全体の1割程度ならば
問題ありませんよね。

反対に、
上記「B」の人が
全体の1割程度だとしたら、
「そのまま」というワケには
いきませんよね!?

いや。
もしかしたら、
ソレが普通、
ソレがビジネスというモノ、

とお考えでしたら、
チョット
考え直してみてください!!

―――――――――――――――
好きなお客様が
たくさんいる、というコトは
―――――――――――――――

好きなお客様が増えていく、
というコトは、

恐らく、
あなたを信頼している
人たちが増える、
というコトで、

売上は伸びる可能性が大きく、

さらに、自分の仕事が
「認められている」
「評価されている」

という想いで、
仕事へのモチベーションも
更に上がりますよね!
(≧▽≦)

反対に、
例えば、理想では無い顧客層が

・値引き要求が多い
・短納期など、無茶ブリが多い
・信頼されておらず、
 細かい指示が多い

などである場合、

売り上げも伸びにくく、
余計なところで
労力負担も大きくなり、

作業効率も低下しがち。

プロとして認められている
印象も薄く、
モチベーションも下がりがち

なんてコトには
ならいでしょうか・・・!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
そんな人、ホントにいますか!?
―――――――――――――――

と、いうワケで、
日頃から、
頭の中にはあるであろう

嫌いな顧客・好きな顧客を、

改めて明確にしておくことが
大事です!

ただし!
ココで気を付けたいのが、

理想の顧客像

が、理想過ぎて、

神様のような人

になってしまうコトです。

ソレを予防するため、
挙げた理想像に似たタイプの人が
自分の周りにいるか否か、
確認しましょう。

その際は、お客様に限らず、
友達でも親戚でも構いません。

あくまでも、

現実離れした理想

になってしまうことを避けるコトが
目的ですので!

次回は、
ココで挙げた理想の顧客像を
より明確にしていきます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。