スタッフブログ

自分専用・集客メソッドを生み出す法則

2017年10月23日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
集客なんか、したくない!
―――――――――――――――

僕たち事業者は、
当然ながら、商品・サービスを
提供するのが仕事なので、

本来であれば集客・販促に
時間・労力・資金を
費やしたくなんかないワケです。

とは言え、何もしなければ
誰にも知ってもらえない、
興味を持ってもらえない、

というのも現実で、

だからと言って、
マーケティング環境が
複雑な時代なので、

(集客・販促活動を)
「何か1つ」やれば
ドーンと人が集まる、

なんていうコトは
現実的に考えにくいワケです。

結局のところ、
試行錯誤しながら

「自分に合った集客方法」を

編み出すしかない、

というのが真実だと
考えています。

―――――――――――――――
業種や課題に合わせた集客方法
―――――――――――――――

ただし!

この
「自分に合った」
というのが実に難しいワケです。

まず、業種の違い。

例えば、
成長している業種であれば、

競合がバンバン、
新規参入してきます。

なので、
「差別化」というコトが重要に
なってきます。

反対に、

市場が縮小している
業種であれば、

その枠の中で集客・販促活動に
取り組んでも、

「先細り」していってしまう
だけです。

なので、
従来のビジネスモデルを
「破壊」する

<異次元の発想>

が重要になります。

その他、

・そもそも知られていない
・知っているけど、
 興味を持ってもらえない
・興味はあるし、「その内」、
 買うつもりらしいけど、
 いつまで経っても、
 実際に買ってもらえない
・1度は買ってくれたけど、
 中々、リピートしてくれない

など、
抱えている課題によっても、
取り組むべき集客・販促活動が
変わってきますよね。

―――――――――――――――
未来永劫(?)、変わらないモノ
―――――――――――――――

一方で、

どんなビジネスであっても、

お客様の

・悩みを解決するモノ
・欲を満たすモノ

を提供する、というコトに
違いはありません。

そして、
時代の流れで、環境や習慣こそ
変わってはいますが、

人間そのものって、
変わっていませんよね。

つまり、
太古からも、
そして、
恐らくコレからも未来永劫、

「欲」

を抱えて生きているワケです。

というコトは・・・、
ですよ。

本質的に変わらないモノと、
時代や環境など、その時々で
変わってしまうモノの

見極めが重要

というコトになりますよね。

だとしたら、今、
ココに書いたコトを整理して
法則化・公式化するコトで、

あなたに最適な、

今やるべき集客・販促活動が
見出させるのでは!?

―――――――――――――――
最適な集客方法を見つける法則
―――――――――――――――

例えば、

あなたの独自資産
(知識・技術・ノウハウ等)

    ×

あなた
(もしくは
 あなたの独自資産)

が満たすコトができる
お客様の欲求

    ×

・知ってもらう
・興味をもってもらう
など、今、取り組むべき
マーケティングの課題

    ×

市場&社会環境
(業界動向や社会問題など)

という感じでどうでしょうか?

―――――――――――――――
      まとめ
―――――――――――――――

もちろん、各項目について
より細かく、より綿密に
掘り下げ、「精度」を高める
コトが重要です。

また、
一度作るだけでなく、
定期的に更新するコトで

見直すべきポイントを
見つけやすくなりそうですね!
(≧▽≦)

ぜひ一度、お試しください!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。