スタッフブログ

独自の世界観を表現する「ルール」の設定

2017年10月21日 ひとりごと スタッフブログ

珍しく、
芸能ネタで笑いました。
(≧▽≦)

コレはもう「ど」ストライク。
思いっきり「ツボ」です。

今、「7つの掟」で検索すると
出てきます。
(笑)

タレントのいしだ壱成さんが
出演したTV番組で、
自身の離婚を告白したそうで、

(本人、曰く?)
その原因となったのが、
(元)妻に課していた

「7つのルーティーン」

というモノだった、とか。
( ̄▽ ̄;)

その7つとは・・・。

1. 毎朝コップ1杯の水を
  用意させる
2. 次に白湯(さゆ)を
  飲ませてもらう
3. シャワー中にバスタオルと
  洋服を準備させる
4. サラダを食べる際に
  7種類のドレッシングを
  用意させる
5. 帰宅時に45℃のお風呂を
  準備させておく
6. 風呂に入っている間に
  洋服を洗濯機に、
  カバンを部屋に運ばせる
7. カバンからその日の領収書を
  取り出して、
  まとめて精算しておく

【出典】日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710180000772.html

まぁー、
メディアでも騒がれている
本人に対する批判は一旦、
置いておくとして、

こういう「掟」があるコトで、

世界観

が出来ていませんか!?
( ̄▽ ̄;)

例えば、
この「掟」を作ったのが
いしだ氏でない、知らない誰か、

もしくはフィクションの世界の
キャラクターだとすると、

「人物像」

が浮かびますよね。

しかも、僕の中で
何が「ど」ストライクって、

「(ソレは)自分でやった方が
 早いだろ」
「7種類は要らないだろ」
「45℃は熱すぎるわぁー」

って、イチイチ

「ズレ感」「ツッコミ待ち感」

が溢れている感じが、
なんかもう、

たまらなくありませんか!?
(≧▽≦)

実は、
物語型集客術の中の

世界観デザインにも、

「ルール」

という項目が
あります。

イメージとしては、
映画や漫画の世界であれば、

例えばスターウォーズなら
「フォース」という力が
宇宙を構成していて、

この力を正しく使えるのが
ジェダイ、

悪の力に利用するのが
ダークサイドのシス、

となっています。

ワンピースなら、
「悪魔の実」
という果実があって、

食べた者は様々な能力を
身に付けられる代わりに
永遠に海に嫌われる、

という設定になっています。

独自の世界観を創る上では、

このような
「決まり事」って、
とても大きな影響を
及ぼすんですね。

なのですが、
コレを自分のビジネスに
取り込むとなると・・・、

ケッコー難しい、

ですよね。
( ̄▽ ̄;)

でも、例えば

「男子禁制」
「喫煙者歓迎」
「●●●在住者特典アリ」

みたいなルールがあるだけでも、

なんとなく、
世界観をイメージできませんか?

ただし!
くれぐれも

「ナンでも良い」

ってコトではありませんよ!

あくまでも、

コンセプトを反映している

というコトが重要です。

むしろ、
コンセプトを表現するための
「ルール」設計です。

あなたの
ビジネスのコンセプトを
より伝わりやすくするための
ルール、

何か作れそうですか?

もしかしたら、
(少し「ゆるい系」の
 コンセプトの場合は)

前述のいしだ氏のような

「ちょっとズレてる」
「どぉーでもイイ」

みたいなルールの方が、

コンセプトに直結し過ぎる表現
よりも、

むしろフィットするかも
しれませんね!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。