スタッフブログ

「つい、小手先販促に走ってしまう」を防止する究極メソッド

2017年10月19日 ひとりごと スタッフブログ

もう何年にもなりますが、
地元・保土ヶ谷で

地産地消

の活動に関わらせて
いただいています。

その中の大きな柱の1つで
地元で採れた野菜を使った

ほどがや弁当

というモノを
企画・販売しています。

一言で言うと、

地元農家で採れた野菜を使って

地元のお弁当屋さんが
お弁当を作る

というモノです。

目的は、
地産地消の推進。

更に言えば、

地産地消を通じたまちづくり。

そのための手段が
お弁当。

と、書けば、
頭の中で整理できますよね。

なのですが、

実際に活動をしていると、
意外にも、

「目的」って、
意識から離れていくモノです。

思考がついつい、

「売れるお弁当にするには
 どうすれば良いか?」

「もっと売るためには
 どうすれば良いか?」

という方向に走ってしまいます。
( ̄▽ ̄;)

そして、
その現実に気付かないまま
突き進むと、

崎陽軒よりも充実していて、

コンビニ弁当よりも安い弁当

にするには、
どうしたら良いか?

という議論に
なってしまうのです。
(↑の例は少々大げさですが)

本来ならば、

「地産地消」や「まちづくり」に
興味を持ってもらうべき人って
どんな人なのか?

その人に興味を持ってもらうのは
どうしたら良いか?

「ほどがや弁当」をキッカケに、
どのように地域まちづくりに
興味を持ってもらうか?

という視点で考えなくては
いけませんよね。

でも、コレって、
ほどがや弁当に限った話では
ありません。
( ̄▽ ̄;)

ついつい、
日常業務に気を取られて、
目先の売り上げアップ、

小手先の販促活動

に走ってしまう。

販促活動ならまだしも、

一番ありがちなのは・・・、

手っ取り早く
「安売り」に走ってしまう。

・・・ありますよね。
(―。―;)y~

なので、

「目的」や「理念」

ありきです。

もう少し細分化するならば、

「お客様のゴール」

ありきです。

お客様が
あなたと出逢い、

知識やスキルを高め、
ノウハウを蓄積し、

そして!

あなたとの
絆を深めた果てに辿り着く

お客様のゴール、

更には!

そのゴールに向かい、
お客様がワクワク・トキメキ、
ノメリ込む仕組み

を、
シッカリと設計しましょう!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。