スタッフブログ

あの業界(?)でも実践している!今やるべき「常識の破壊」事例

2017年09月27日 ひとりごと スタッフブログ

今、業界(?)の常識を
次々と破壊し、メディアなどでも
注目されている寺院があります。

埼玉県熊谷市にある
見性院というお寺です。

同院のWebサイトによれば、
開創は天正年間(1573~92)、
つまり400数十年の歴史と伝統
を持つ寺院、ということに
なります。

住職の橋本氏は

「みんなのお寺」

を基本理念とし、
2012年6月に
「檀家制度」を廃止したことを
はじめ、

・宗教・宗派・国籍を問わない
 自由な葬儀・法要
・寄付・年会費・管理費不要
・喪主様の意向を取り入れた
 手作りで自由なかたちの葬儀
・葬儀社や石材店を通さない
 葬儀・家族葬・墓の建立
・お布施の明朗会計

などなど、様々な取り組みを
行っているそうです。

「坊主丸もうけ」

なんて言葉がありますが、
それはつまり、世間が感じている
寺院への不満。

従来、というか、
今、この瞬間も

「文化だから」「伝統だから」
「そういうものだから」

となっているので、

「止むを得ず」

それに従っているワケですよね。

でも、その結果、いわゆる

「檀家離れ」「寺離れ」

という現象に
歯止めが掛からないのも
事実です。

だからと言って、
今、生きている僕たちが
先祖を敬う気持ちや
故人を悼む気持ちを
持ち合わせなくなったのか、
と言えば・・・、

そんなワケありませんよね。
(―。―;)y~

要するに、橋本住職は、
昔々の遥か昔からある
人としての根本的な精神を
守りつつ、

今の時代に合った価値を
提供している、

というコトですよね。

コレって、
まさしくマーケティング。

僕たちも学ぶべきところが多い
好事例ですよね!
(≧▽≦)

以前からあるビジネスなのに、
今、売れなくなっている、
もしくは「衰退」している、

そんな業種が
少なくありませんが、

人が

何を求めるようになって
何が要らなくなって
今も変わらず必要なのは何なのか

を深掘りして、見極める必要が
ありますよね!

蛇足ながら、
橋本住職の著書も、
タイトルからして、
興味をソソラレますよ!

【参照】見性院(橋本住職の著書)
http://kenshouin.com/book/

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。