スタッフブログ

ベイマックスに学ぶ変化の時代の対応術

2017年09月25日 ひとりごと スタッフブログ

週末、DVDで
『ベイマックス』を観ました。

今さらナンですが、
メチャクチャ、カワイイですね!
(≧▽≦)

チャチャッとwikipediaで
調べたところ、
原作は、あの「マーベル」で、

マーベル社を買収した
ディズニーが、映画化できそうな
作品を探していたところ、
同作品の原作を
見つけたのだとか。

この作品も、
「物語型集客術」の視点で
観てみると、また違う面白さが
見えてきますよ!

ベイマックスの立ち位置こそ、
物語型集客術で言うところの

<賢者>

です。

つまり、

主人公であるお客様を成長させる

僕たち事業者の立ち位置です。

でも、一般的な物語に登場する
賢者や師匠、魔法使いなどとは
明らかに違いますよね。
(笑)

何せ、「ケア」ロボットなのに、

(勝手に)
「バージョンアップ」させられ、

アーマードスーツ着用、
空手を使えて空も飛べる、

挙句の果て(?)には
ロケットパンチまで繰り出せる

戦闘機能をプログラミング
されちゃいます。
(≧▽≦)

でも、ココにですね、
見落としてはいけない
重要な

「置き換えポイント」

が潜んでいるんです。

僕たちが越えなければいけない
大きな試練の1つに

「変わる」

というコトがあります。

誰もが変わりたくないんです。

今のままでいたい、
と思っています。

それが「本能」らしいですね。

でも、
何せ変化の激しいこの時代です。

変えていかなければいけない
ポイントが山ほどあるワケです。

例えば、
集客・販促活動1つ取っても、

「アナログ人間だから
 Webなんて関係ない」

「自分がガラケー使ってるのに
 スマホ対応なんて関係ない」

とか、
挙句の果てには

「ウチは〇〇〇屋なんだから
 ウマイモノ作っていれば
 黙ってたって客が付いてくる」

なんて、未だに言っている人、
ウソみたいですけど、
実は案外、多いです。

くれぐれも、

ナンでもカンでも手を出しなさい

って話ではありませんよ。

ベイマックスは、
「武装」して、
仲間と一緒に闘うコトで、
結果的にヒロの精神状態を
安定させたのです。

使命を果たしたんですね。

↑ココが大事です。
ミッションありきです。

そのために、
何を変えなければいけないか、
何を変えてはいけないか、

日々、意識していきましょー!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。