スタッフブログ

お客様を突き動かす「あの」ボタン

2017年09月05日 ひとりごと スタッフブログ

僕たち事業者は、
宿命的に「売るスキル」を
磨き続けなければいけないワケ
なのですが、

とは言え、
(ココで言うところの)ソレは
セールストークが上手くなる、
というコトでもなければ、

もちろん、強引に売り込む
ハートの強さを鍛える、
というコトでもありません。

例えば
「欲しい」のスイッチを押せる
名人になる、みたいな感じです。

で、僕が実践している
「ソレ」を鍛える1つの方法が
「自分のほしい」を分析する、
というコトです。

先日、ふとしたキッカケがあり、
それ以来、竹内まりやさんの
歌が気になってしかたない、
という状態が続いています。
( ̄▽ ̄;)

ちなみに、特にファン、
というコトではありません。

ホントに、メジャーな曲を
知っているし、良い曲だと思う、

という感じです。

そんなレベルなのですが、
(多分)20年くらい前に一度、
中古のベスト盤を買ったコトが
ありました。

とは言え、
既に実家の「奥深く」(?)に
眠っているし、
そのコト自体も忘れていました。
( ̄▽ ̄;)

が、前述のような「キッカケ」が
あると、そんなコトを思い出す
ワケです。

そして、「欲しい」のスイッチが
入った僕は・・・、

「奥深く」から掘り出しましたね。
( ̄▽ ̄;)

半ば、どうでもイイ事例(苦)
ですが、

要するに、
「欲しい」のスイッチが入ると
「行動」が生まれる、

というコトです。

何も起こらなければ(=通常)、
長い間、そして、コレからも
「奥深く」で眠っていたんです。

何かが起こるコト(=ふとした
キッカケ)で、「掘り出す」
という行動が生まれるんです。

そして、
その行動に至った理由こそ、
「欲しい」のスイッチが入った、
というコトですよね!

こう書くと、スンゴクどーでも
良いコトをダラダラ書いている、
という印象になってしまうかも
しれません(汗)が、
コレ、ケッコー、
大事なポイントですよ!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。