スタッフブログ

「何かの際には」だと、やっぱり

2017年07月24日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
7月24日(月)です。

曇ってます。
湿った風が吹いてますね。
台風の影響??

今朝、ふと恐ろしいコトに
気付きました。
( ̄▽ ̄;)

水道業者の鉄板販促
「マグネットシート」、
我が家の冷蔵庫にも鎮座(?)
しています。

我が家のは優れモノで、
ホワイトボードみたいに、
メモを書き込めるように
なっており、

ありがたく活用させて
いただいています。

なのですが・・・、

業者の名前が
まーったく頭に入って
いませんでした!!
Σ( ̄□ ̄;)!!

もしかしたら、
ウチだけのコトかもしれませんし
「一事が万事」的な言い方を
するのは少し粗すぎますが、

我が家のマグネットシートの
事例から考えると・・・、

「何かの際には
 よろしくお願いします」

みたいな販促は、

とてもとても反応が得にくい、

と考えられるのでは??
( ̄▽ ̄;)

ただし!

一度でも取引がある、とか

常に(メルマガなどで)
接触がある、

などの場合は、
話がチョット違ってきますよね。

で、あるならば、例えば、
水道業者にしても、恐らく、
各社、様々な修理に対応できる
技術やノウハウはお持ちだと
思いますが、

まずはピンポイントで、
「今」「○○○にお困りの方」

「そろそろ」
「△△△のメンテナンスの
 時期の方」

など、想定されるターゲットを
絞り込んで、

小さくても良いので
初回の取引を創り出す、

もしくは、

「お役に立つ情報」を提供する
ことで、定期的な接触を創り出す、

というコトが有効と言えるのでは
ないでしょうか??

コレだけ情報が溢れている
世の中で、

「○○○に関するコトなら」
「何かの際には」
「いつでも」「誰でも」

は、やはり記憶に残りにくいかな、
と、改めて思った次第でした。

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。