スタッフブログ

重要なのは、その前の部分

2017年06月10日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
6月10日(土)です。

来ました。
朝からギラギラです!
最高気温は30℃の予報です。
( ̄▽ ̄;)

昨日、
ネット上でたくさん公開
されている、
いわゆる

「キャッチコピーの型」

みたいなのにハメ込むだけでは
秀逸なコピーはできない、

みたいなコトを書きましたが、
補足みたいな意味も含めて、
(簡単に)その続きを。

キャッチコピーって言うと、
どうしても

「言葉のテクニック」

みたいなコトが頭に浮かぶと
思います。

もちろん、間違いでは
ありません。

が。

そこを意識するのって、
最後の最後くらいで良いと
思っています。

キャッチコピーの良し悪しは、
何と言っても、その目的たる

「キャッチできるか否か」

が全てですよね。

そのためには、
言葉の良し悪しはもちろんですが、

「その前の部分」

が肝心要だったりします。

「その前」とは、例えば

男性向け・女性向け、
若年層向け・シニア向け

などのマーケットを間違えたら、
どんなに良いコピーだって
響きませんよね。

あるいは、ワザワザ、情報が
洪水のように溢れている
競争の激しいマーケットに
情報発信したら・・・、

そもそも、情報が届くかどうかも
危うくなりますよね。
( ̄▽ ̄;)

だから!

そのような「前の部分」の設計を
キチンとしてからこそ、

言葉選び・言葉の組み合わせ、
みたいなテクニックが
生きてくるワケです。

逆に、正しいマーケットを
キチンと設計したにも関わらず、
言葉選びを間違えたら、
コレはコレで響きません。

なので、

「言葉のテクニック」

みたいなモノが求められるのは、
意外にも最後の最後、
というコトになるのです。

まぁー、キャッチコピーに
関わらず、

「その前の部分」

やっぱり大事ですね!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。