スタッフブログ

自分の当たり前は・・・。

2017年06月06日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
6月6日(火)です。

時折、パアーッと明るくなったり
しますが・・・、

曇りです。
(ー。ー;)y~

情報発信をする際、意外と
陥りがちなのが

・相手が知らないコト
・相手が知りたいコト

を見落としてしまう、

というコトです。

案外、自分の知っているコトって、
相手も知っているモンだと
思っちゃいませんか?
( ̄▽ ̄;)

いや。

「思っちゃいませんか?」
って聞いてもピン!と来ないくらい、
無意識にやっちゃってるかも
しれませんよ!

先日、ある商店街の中にある掲示板に、
知っているお店のメニューが
貼られていたんです。

そのお店、牛すじカレーとかが
「自慢の逸品」みたいな感じ
なのですが、掲示されているのは
お店のテーブルに置かれている
メニューの拡大版みたいな感じ。

つまり、メニューと価格の一覧のみ。
せっかく掲示するのにモッタイナイ。

「アレもコレもあるよ!」

って伝えたいのかもしれないけど、
「ただの一覧」なので、足が止まる
仕掛けなんて何も無いし、足を
止めない限り、目に入らない情報量。

しかも、地図も無いので、万一、
行きたくなっても行けない。

だったら、例えば牛すじカレー1本に
絞って

「肉の旨味たっぷり!
 トロトロで肌プルプル
 赤ワインで煮込んだ牛筋カレー
 ○○○円」

って、大きく書いて簡単な地図でも
入れておく方が刺さりませんか?

そのお店、恐らく

牛すじカレーが人気なコト
自分の店がソコにあるコト

が当たり前になり過ぎていたのだと
思います。

↑は極端な事例かもしれませんが、
「五十歩百歩」みたいなコト、
ケッコーありますよ。

情報発信の際、「自分の当たり前」を
一度、客観的に引いてみた方が良い
かもしれませんね。

あ、もちろん、僕自身も、です。
( ̄▽ ̄;)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。