スタッフブログ

3つの試練

2017年06月01日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
6月1日(木)です。

夕べは激しい雨でしたね。
今、雲は多いですが、
雨は上がって時折、「強烈」な
陽が照りつけています。

かなり大雑把な物言いですが、
物語には「3つの試練」が
設定されています。

1つ目は大体、
「対ザコキャラ」
ですね。

ザコキャラなので、強い敵では
ないのだけれど、主人公自身が
強くなる前なので、それなりの
苦戦を強いられます。

ガンダムで言うなら、第1話で
アムロがガンダムに乗り込んで
しまい、量産型ザク3機を相手に
苦戦しながら倒す、
あの感じです。

2つ目の試練こそが「最大の試練」。
「対ボスキャラ」です。

宮本武蔵なら
「V.S.佐々木小次郎」

キン肉マンの
「黄金のマスク編」なら
「V.S.悪魔将軍」。

最大の見せ場です。

そして、地味(笑)だけど
意外と大切なのが3つ目、

「最後の試練」なんです。

実は、クライマックスで
ボスキャラを倒すだけでは
終わらないパターンって
意外と多くて、

・魔王を倒すと城が崩れる
・敵を倒したのに鍵が開かない
・実はもう一人、黒幕がいた

みたいな展開、ありますよね?

コレを乗り越えると、ようやく
全てが解決して、主人公は
「英雄」になれるワケです。

物語を売る販促企画では、

1つ目の試練を
新規のお客様向け
お試し商品、

2つ目の最大の試練を
いーっちばんオススメしたい
メイン商品、

そして3つ目を、
最大の試練を乗り越えた
優良顧客限定で提供する
リピート商品

と位置づけるコトを
オススメしています。

初めてのお客様にイキナリ、
一番、価値も価格も高いモノを
買ってもらうのは難しいし、

一番、良いモノをご利用
いただいたお客様でないと
伝わらない価値というのが
あると思います。

そして、ソレが伝わるお客様に
とっては、ソレが分かるコトが
プライドや優越感だったり
するワケです。

なので、お客様のその時々の
「レベル」(スキル?)に合った
商品をご提案するのが一番、
お互いに「お得」なハズ。

なのですが。

「売る側」って、どうしても

売れるモノを売りたい
買ってくれるならナンでも
買ってほしい、

って、なってしまいますよね。
( ̄▽ ̄;)

この辺りをキチンと導線作って
リードできると、

「お客様が成長する」

仕組みが創れるのだと思います。

3つの試練を乗り越えられる
「選ばれし者」、探しましょ!

6月のスタートです!

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。