スタッフブログ

質と理由

2017年05月30日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
5月30日(火)です。

今朝もスッキリ晴れてます!
(≧▽≦)

朝からカメラに不具合が生じたため
(既にお気づきかもしれませんが)
画像を軽く加工しています・・・。
( ̄▽ ̄;)

集客活動をした時の成果って、

まずは売り上げ、
そして客数、
もう少し細かく見て、
どんなツールを使ったのか、

で良し悪しを判断しがち
ですよね?

つまり、量と手法。

「○○○(集客ツール)をやったら
 △△△円、売り上げが出た。」

みたいな感じ。

間違いとは言い切れませんが、
視点を変えると、違うモノが
見えてきますよ!
(≧▽≦)

例えば、単価1,000円の商品を
2割引きする案内を、DMハガキ
100枚、既存客に送ったら
30名が来店して、24,000円
売り上げた、とします。

前述の視点だと、DMハガキの
成果として24,000円の売り上げが
発生した、

という判断になります。

間違えとは言い切れませんよね。

でも、少し視点をズラすと、

DMに反応した人が30人いた、
というコトになります。

もう少し噛み砕くと、DMの
「内容」に反応した人が30人いた、
というコトになります。
(反対に言えば、ソレに反応
 しなかった人が70人)

分かりますか?

「DMで24,000円売り上げた」

とは、違うモノが見えませんか?
( ̄▽ ̄;)

どんな手法を使って
いくら売り上げた、

よりも、

どんな内容を伝えたら、
何人が、あるいは「どんな人」が
(どんな理由で)動いた、

というコトの方が重要だと
思いませんか??

つまり、量と手法ではなく、
質と理由です。

コレが見えるか見えないかで、
「改善の余地」が変わりますよ!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。