スタッフブログ

その表現、合ってますか?

2017年05月11日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!

5月11日(木)です。
スッキリ晴れてます!
というより、既にギラギラ。
(笑)

日中は28℃くらいまで
上がるそうですね!

こう言っちゃーナンですが・・・、

クリエイター泣かせの世の中です。
(ー。ー;)y~

InstagramやLineカメラなんかの
画像加工、簡単だし表現力が
スゴイですよね。

スマホで背景をぼかす(ように
見える)写真が撮れたり、
Webサイトにしたって、
jimdoやwixをはじめ、様々な
作成サイトができてます。

名刺だって、スマホで創れる
アプリがありますね。
( ̄▽ ̄;)

こういうツールを上手に使うのも
小規模事業者の仕事術だと
思いますが、一方で、やはり
注意すべき「落とし穴」って
あります。

「自分の好きなデザイン」

に偏ってしまいがちです。

デザインって、ザックリ言うと

素材・レイアウト・色彩

の組み合わせで構成されており、
この組み合わせによって
伝わるイメージが
出来上がるワケです。

なので、ココをシッカリ表現
するコトで、全ての文字情報を
読み込まなくても、伝えたいコトが
伝わりやすくなり、

そして・・・、

逆もまた然り、なんです。
( ̄▽ ̄;)

が、どうしてもやってしまいがち
なのは、「自分の主観」で
作ってしまう、というパターン。

ほぼ根拠がないのに
「ウチのイメージカラーは青」
と決めつけてみたり

「なんとなくカワイイから」
で作ってみたり、

なんてのは、ホントにありがちです。

その結果、女性向け商品なのに
「熱い表現」になっていたり

「親切」「安心」を打ち出しているのに
やたらクールな印象になっていたり、と。

まぁー、デザイナーに外注しても、
「自分の意見を貫く人」には
同じコトが起こりますが・・・。
(ー。ー;)y~

なので、やっぱりプロのデザイナーは
大事ですよ!

と言いたいのではありません。

伝える内容と表現、
無意識にズレが生じているコトが
多々あります。

クリエイティブが益々身近になる
時代に、こういう落とし穴があるコト、
まずは知っておいてください。

そして、くれぐれもご注意ください!
(*^。^*)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。