スタッフブログ

お客様の足を止めた「ある」仕掛け

2017年05月10日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
5月10日(水)です。

細かい雨が、まだ少し残ってますね。
少し肌寒い朝になりました。

昨日、チョット嬉しい報告を
いただきました!
(*^。^*)

分かる人もいるかと思いますが、
毎週火曜日、地元の野菜を地元の
お店の軒先で販売する、という
取り組みをこの数年間、やって
おります。

・・・「やっております」と
言っても、僕に関しては、
企画段階で関わっただけで、
実務には一切触れていませんが。
( ̄▽ ̄;)

当初は、お店の人も全く
「ピン!」と来ていませんでした。

「八百屋じゃないのに、
 なんで、ウチの店頭で
 野菜を売らなきゃいけないの?」

って感じです。

そりゃ、そーですよね。
(笑)

どちらかと言わず、
「当初」と言わず、

各店のスタンスは

「協力してあげる」

というのが大半。

コレを集客ツールとして活用
しよう、という発想は残念ながら
ほぼほぼ、ありません。
(もちろん、上手く活用している
 お店もありますよ!)

そんな中、あるお店が最近、
チョットしたコトを始めた
そうです。

そのお店は、高単価商品を
扱うお店で、まぁー、大方の人に
とっては

「自分には関係ないお店」

という印象です。

お店側のスタンスもご多分に
漏れず

お店はお店
野菜は野菜

という感じでした。

が、最近、野菜販売の際、
店頭に野菜と並べて・・・、

自店の商品を並べるように
なったそうです。

前述の通り、
同店のメイン商品は高額なので、
ソレでは無く、関連の低価格
商品です。

そして、どのくらいかは
具体的に聞いていませんが、
ソレらが売れているそうなのです。

少なくとも、ソレを目にして
足を止める人が増えているそうです!
(≧▽≦)

コレ、分かりますか?

「関係ない」

と思われていたお店が、
地元野菜と低価格帯の商品を使って
人の足を止めさせるコトに成功して
いるんです!
(≧▽≦)

つまり、

「行動をコントロール」

出来てるんです。

凄いコトですよね!
そこに気づいた店主の視点が
素晴らしいです!!

くれぐれも
「野菜を店頭で売りましょう」
というお話ではありませんよ。

「視点」の問題です。

ちなみに、数年前の提案時に
モデルにしたのが、山形県新庄市
発祥の

100円商店街

です。

【参照】全国100円商店街
 http://www.npo-amp.com/100yen

こういう事例、嬉しいし、参考に
なりますね!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。