スタッフブログ

起承転結

2017年05月01日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
5月1日(月)です。

今朝も気持ち良く晴れてます!
・・・が、午後から雨!?
( ̄▽ ̄;)

「起承転結」ってありますよね。

ご存知の通り、物語の構成を示して
いるワケなのですが、
コレ、私たちのビジネスでも
色々な場面に当てはめられると
思っています。

例えば、店舗型のビジネスでの
単発のご利用の場合、

来店(起)→
商品選び(承)→
購入(転)→
退店(結)

もう少し長いスパンで、
その商品・サービスを知ってから
実際に購入するまでの場合、

知る(起)→
検討する(承)→
決める(転)→
購入する(結)

更に長いスパンで、
その商品・サービスを知ってから
ファンになるまでなら、

知る(起)→
初回購入(承)→
リピート購入(転)→
ファン(結)

みたいな感じでしょうか。

この起承転結、ナカナカ
奥が深く、この4文字に色々な
ポイントが含まれているのですが、
その中の重要な1つって

「メリハリ」

だと思います。

映画でも小説でもTVドラマでも、
いつまでも展開しないと飽きちゃうし、
展開が激し過ぎても付いていけなく
なっちゃいますよね。
( ̄▽ ̄;)

ビジネスでも同じで、例えば、
洋服なんかを買いに行った時、
1歩、お店に足を踏み込んだ途端に
店員が近づいてくるお店、少なく
ありませんが、

そのまま、マンツーマン状態で
店から出たくなりますよね。
( ̄▽ ̄;)

じゃなくて、まずは少しゆっくり
自分で商品を探させてよ、って話で、

ある程度、欲しいモノが
絞り込めた頃に「スッ」と
近づいてきてくれると
相談しやすいし、
決めやすく買いやすいですよね。

同じく、メルマガでもSNSでも、
いーっつもセールス情報だけだと
削除対象にしかならないけど、

お役立ち情報を提供してくれるなら
読みますよね。

つまり、
押しっぱなし・売り込みっぱなしは
NGなんだけど、自分の中で
何かしらの基準なりルールが無いと、
ついついやってしまうワケです。

あ、それにご購入後のフォロー。

例えば、お見送りやサンキューレター。

案外、ウッカリしがちじゃありませんか?

なので、「起承転結」なんて
考え方を使ってみて、

売る前のアプローチ
売らないタイミング
売るタイミング
売った後のフォロー

等々のメリハリを付けてみると

お客様にも喜ばれるし、
お客様も行動しやすくなるのでは、
なんて思います!

「ゴールデンウィークの合間」

という印象が強いですが、
月のスタートが月曜日って、
ハッキリしててイイですね!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。