スタッフブログ

結局「ナンとなく」、なんです

2017年04月19日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
4月19日(水)です。

今朝も快晴です!
(≧▽≦)

本・映画・お店・商品・セミナー・
イベントなどなど、

人から何かしらをオススメされた時、
それに賛同する・しないの評価基準・
判断基準って結局のところ・・・、

「ナンとなく」な印象

じゃ、ありませんか?
( ̄▽ ̄;)

ナンとなく面白そう
ナンとなく役に立ちそう
ナンとなく自分に合いそう

みたいな感じ。

もちろん、人にオススメされた場合
だけじゃなく、自分で選ぶ時も
同じだと思いますが、

人にオススメされた時って、
何かしらの反応を示さなければ
いけないワケで、それに対して
自分がどう思ったか、感じたかを
とっさに考えますよね。

で、普通、相手に回答する前に、
ごく自然に、自分の中で、
ソレを受け入れるか拒むかを
検討しますよね。

その段階の評価基準・判断基準って、
やっぱり「ナンとなく」な印象じゃ
ありませんか?

例えば、映画だったら
SFファンタジーが好きなのに、

(自分の中で)やたらとシビアな
社会・政治モノ「っぽい印象」の
作品をオススメされたら、一瞬、
「ウッ」とか思ってしまうワケです。

ホントは、案外、テンポが良かったり、
ジョークが多かったりで、観さえすれば
楽しめる作品であったとしても、です。
(ー。ー;)y~

でも、こういうギャップ、私たちの
ビジネスでも多々多々ありますよね。

ホントは、こんなに価値があるのに
ソレが全然、伝わらない、

ナンとなく、堅い業務に思われている
ナンとなく「自分には関係ない」
と思われている
ナンとなく、難しそうに思われている

みたいな。

ってコトは、この「ナンとなく」って、
とーっても重要だ、ってコトです。

そして!
この「ナンとなく」の正体こそ

「世界観」

であって、コレを創るための素材が
理念なりコンセプトなり
「大切に思っているコト」
であって、

ソレに基づいたデザインや言葉の
表現を意識的に設計する必要がある
ワケなんです。

まぁー、弊社も「笑う門」を
どこまで表現できているか、
という話でもありますが・・・。
(ー。ー;)y~

「ナンとなくイイんだよね!」
って思われるビジネス、創りましょ!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。