スタッフブログ

狭い入口で深く広い

2017年04月10日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
4月10日(月)です。

さっきまでは「スカッ!」と
晴れていましたが・・・、

今、スッカリ曇ってますね。
( ̄▽ ̄;)

「使い分け」

って、誰でも普通に
していますよね?

弊社の場合で言えば、
例えば文房具類。

ごく一部、デザイン関連のモノは
専門店を利用したりしますが、
ソレ以外はアスクルが多いし、
振替伝票・メモ帳・附箋などは
100円ショップで済ませています。

文房具以外でも、食品・衣類・
飲食、あるいは、詳しい人で
コンビニなんかも使い分けたり
してる人、いますよね?
( ̄▽ ̄;)

このように、買う側としては用途や
価格帯、シチュエーションなどで、
商品・サービスを使い分けたり
するモノですが、

提供する側としては

あまり気持ち良くは無い

と、いうのが本音・・・、
ですよね。

「多少なりとも」
というコトも含め。
( ̄▽ ̄;)

でも、コレから
「供給過多」や「人口減少」が
進むにつれ、こういう
シチュエーションが益々増えてくる
のではないかと思うのです。

そして、ソレって決して悪くない
のではないかと、思っています。

もちろん、ただ単に買ってもらう
品目が減ってしまうだけでは、
売り上げが下がる一方です。

なので、

「軸」

の変換ですね。

例えば、
寝具なら何でも揃えていた
「ふとん屋さん」が

量販店に価格で勝てないような
商品をバッサリ切り捨て、

高級羽毛布団・快眠枕・アロマ・
ヒーリングCD・入浴剤・関連書籍
などなど、「快眠」に関する
アイテムに特化した

「快眠専門店」

に変換する、みたいな。
(≧▽≦)

専門性を追求して、そこから
枝葉を広げていく、

あるいは

狭い入口から奥に深く、
進むにつれてどんどん広く、

そんな感じですね!

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。