スタッフブログ

その作業、効率だけで良いのか!?

2017年02月23日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
2月23日(木)です。

久しぶりの雨です。

そして・・・、

またまた強風。
( ̄▽ ̄;)

暖かいのはありがたいですが、
十分に気を付けましょう!

コレについては私自身、
現時点では実践できていないので、
今のところ、

「こうあるべき」

という理想論以上のことは
言えないのですが・・・。
( ̄▽ ̄;)

ただし!

今は実践できていなくても、
こういう視点を持っているか、

あるいは持つべきであることが
分かるか否かの差は大きい、

と勝手に思っているので
エラソーに(?)書かせて
いただきます。
(笑)

例えば、顧客名簿に載っている
お客様に対してセールスレターを
送る場合、

「買ってもらうコト」

が狙いです。

コレをどう受け取るかによって
行動って変わると思います。

「顧客」=「買ってくれる人」

という一括りで考えるならば、
同じ文面・同じデザインのレターを
一気に印刷・封入・発送すれば
作業的には効率的です。

あるいは、別の視点で、
どこまで細分するかは別として、

お客様には

「ああいう人」もいれば
「こういう人」もいる

という視点を持つと、やはり
文面やデザインも変わってくると
思います。

あるいは、同一のデザインでも、
手書きで一言ずつコメントを加える
なんてコトも有効だと思います。

要するに、

お客様は一人一人が別人で、

そして、

全ての人が大切にされたい

と思っている

という現実を把握できるかどうかが
ポイントなんだと思います。

例え、その時は手が回らず、
そのような理想的な対応が
できなかったとしても、です。

「そんなコトに手間掛けてられない」

で終わらせてしまうと、ズーッと
そのままになってしまいますからね。

自分自身、その視点と発想が不十分で、
耳が痛い話でした・・・。
( ̄▽ ̄;)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。