スタッフブログ

考えるべきは「売り方」ではなく

2017年02月16日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
2月16日(木)です。

晴れてます!
今日は14℃くらいまで上がる
予報ですが、今のところ・・・、

ケッコー寒いですね。
( ̄▽ ̄;)

販促のお手伝いをしていると、
当然ながら、良く聞かれます。

「どーやったら売れますか?」

と。

前述の通り、当然と言えば
当然の質問です。

「販促」ですから。
(ー。ー )y~

でも、その言葉の意味するところが
中々重要で、同じ言葉を使って
いながら

・どーやったらウチのこんなに良い
 商品をお客様に伝えられるのか?

と、

・どーやったら、チャチャッと
 売り上げが伸ばせるのか?

という2種類に大別することが
出来てしまいます。

↑もちろん、デフォルメした
表現ではありますが。
(笑)

で、問題なのは、もちろん後者の方
なのですが(笑)、何が問題かというと

視点

です。

完全に自分に向いてますよね。
極端な言い方をしてしまうと

「誰でも良いので
  お金を払ってください」

みたいな感覚になっている。
( ̄▽ ̄;)

そんなつもりではないのも
分かってますし、素晴らしい
商品・サービスを提供されて
いることも分かっています。

でも「視点」がお客様に向いて
いるかと言うと・・・。

まだ読みかけなのですが、
ある本に

「販売促進」じゃなくて
「購買支援」だろ!

みたいなコトが書かれていました。

ドキッ。
その通りだ。
( ̄▽ ̄;)

つまり、「売り方」を考える
のではなく、その商品がどれだけ
お客様にとって良いのかを伝える
方法を考える、という視点が大切
ではないか、と思うのです。

誰でもそうだと思いますが、
必要ないと思ったモノを買え買え
言われるとストレスだけど、

(知らなかったけど)
 そんなに良いモノだったんだ!

と思うと、ソレを教えてくれた
人には

「ありがとう!」

って言っちゃいますよね!?
(≧▽≦)

そういうコトです。

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。