スタッフブログ

お客様が冒険に出る理由

2017年02月09日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
2月9日(木)です。

先ほど、小雪がかすかに
舞っていました・・・。
寒い。
( ̄▽ ̄;)

物語は、平凡な日常に「何か」が
起こるところからはじまります。

で、「何かしらの理由」でソレに
巻き込まれ、様々な難題や試練に
挑みクリアし、その「何か」を
解決するのが主人公なワケです。

物語の構成として、主人公が
「何か」に巻き込まれる
「何かしらの理由」が
とても重要です。

例えば、大切な人が事件に
巻き込まれるとか、

あるいは、見ず知らずの謎の人物が
ある日突然、主人公の前に現れ

「私たちの世界を救えるのは
あなただけだ」

と意味不明なオファーを
突き付けたりします。

アメリカの神話学者
ジョーセル・キャンベル氏が説いた

「英雄の旅
(ヒーローズ・ジャーニー)」

によるところの

「冒険への招致」

という部分です。

コレ、販促活動の中ではズバリ

「集客」

に当たる部分です。

分かりますか?
お客様目線で考えると分かると思います。

つまり、その人(見込み客)を
「ワクワクドキドキの冒険の旅」
が待っていて、あなたはその世界に
その人を誘うワケです。

と、考えると、伝えるべきはスペックや
お得感ではなくなりますよね。

その人が冒険の旅に出なければいけない
「何かしらの理由」が必要です。

「なぜ私が、あなたの世界を
冒険しなければいけないのか?」

に明確に答える必要があります!
(≧▽≦)

それにしても寒いですね。
くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。