スタッフブログ

お店という非日常の世界で

2017年01月24日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
1月24日(火)です。

今朝も良い天気ですが、一層
冷え込んでますね。

漫画・小説・映画・TVドラマ等々、
続きが気になって気になって、
結局、最後まで観てしまった、
という経験、誰にでもあると
思います。

ストーリーが面白い、というのが
一番の理由だと思いますが、他にも
色々あると思います。

その中でも、多少なりとも、
というか、結局、そういうコト
なんだろうな、というのが、
自分自身を主人公(たち)に
重ねている、というコト。

少し大げさな言い方かも
しれませんが、物語を通じて
非日常の世界に「越境」する、
みたいな。

そして、越境した世界で自分の
分身がどんな体験をするのか、
どんな難題を乗り越えていくのか、

そして、最終的にどうなるのか、

というコトが気になって目が
離せなくなってしまう、って
感じではないでしょうか?

このロジック、
お店のファンづくりに
応用できないものでしょうか?

お客様がある日、お店という
「非日常」の世界に越境して
きます。

そこで様々な「感動体験」を
重ねて、やがて、かつての
自分には無かった「○○○」を
得たり「△△△」というライフ
スタイルやステイタスを手に
入れる、みたいな。

・・・チョット分かりにくい
でしょうか!?
( ̄▽ ̄;)

自社・自店が提供している
「ベネフィット」を掘り下げると
少し分かりやすくなるかも
しれませんよ!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。