スタッフブログ

喜んでいただく、を基準に考えてみる

2017年01月16日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
1月16日(月)です。

今朝も快晴ですが、
いやぁー、寒い!

先日、久しぶりに会う友だちと、
初めて行くお店で飲んだんです。

初めて行くお店って、多少なりとも
ドキドキしますよね。

そんな感じでドアを開けると
視界に飛び込んで来たのは・・・、

盛り上がっている団体様1組と、
お店の端にポツンと用意された
テーブルが1つ。

まさか?

と思いますよね。

はい。
そちらに案内されました。
(ー。ー;)y~

くれぐれも、グチとかクレームでは
ないんです。

チョット「自分事」で考えてみました。

商売に「スタイル」みたいなモノが
あるとします。

言ってみれば経営者にとっての
「美学」みたいなモンですかね。

「商売とはこうあるべき」
「自分の商いはこうありたい」
「こういう商いがカッコイイ」

みたいな。

そういう尺で測った時、自分はどう
ありたいか、と。

そのお店、数えてみたら、18席
ありました。

団体様は14席にいくつか椅子を
足していたようです。

売上だけで計算すれば、そりゃ
詰め込めるだけ詰め込んだ方が
得ですよね。

でも、「満足指数」で考えると
どうなるか?

「喜んでいただく」を基準に
考えたら、どうあるべきか?

更に、

来店者数 × 客単価 × 来店回数

で考えたらどうなるか。

多分、私たちは2度と行かない
だろうから、数字は高くならない
でしょうね。

盛り上がってた団体様にしても、
中途半端に他人が混ざってる感じ、
嫌じゃなかったかな?

いっそ貸し切りにした方が
喜ばれたと思うけど。

うん。
「喜んでいただく」と基準に考える、
って、見落としに気づくのに良い
チェック方法かもしれませんね!

・・・天気良いですが、雨が
降ってないのも気になりますね。

新しい週のスタートです!

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。