スタッフブログ

マーケティングは文化も創れる!

2016年12月19日 ひとりごと スタッフブログ

おはようございます!
12月19日(月)です。

今朝も気持ち良く晴れてますよぉー!
(≧▽≦)

今週末はクリスマスですね。
暖かいせいか、今一つ、ピンと来ない
気もしますが・・・。
( ̄▽ ̄;)

クリスマスと言えば、サンタクロース。

サンタの衣装が、お馴染みのあのスタイルに
定着したのが、1931年のコカコーラの販促
キャンペーンがキッカケだった、というのは
聞いたコトありますか?
(ホントは、もう少しキチンとした背景が
あるそうです)

似たようなシチュエーションが他にも
ありました。

真偽のほどはさだかではありませんが、
クリスマスに、いわゆる、あーゆーケーキを
食べるのって、日本と韓国くらいなんだとか。

同じケーキでも

フランスは「ブッシュ・ド・ノエル」
ドイツは「シュトーレン」
イタリアは「パネトーネ」
イギリスは「クリスマスプディング」

だそうです。

さらに、私たちから見たら「本場」な印象の
アメリカなんて、定番のスイーツすらないの
だとか。

じゃ、日本のクリスマスケーキは何が
キッカケになったのか・・・、というと

なんと、不二家のマーケティング戦略。
しかも最初の販売は1922年だそうです。

同じく、クリスマスのフライドチキンも
日本独自の習慣だそうで、そもそも
アメリカは七面鳥ですよね。

はい。
こちらは当然(?)ケンタッキーフライド
チキンのマーケティング戦略です。

こういう書き方をすると、大企業の
マーケティング戦略に呑まれている気が
して「なんか腹立つ」みたいな気が
しなくもありません(笑)が、言いたいコトは
むしろ反対。

マーケティングって、文化も創れる

ってコトではないでしょうか?
(≧▽≦)

今、さぬきうどん振興協議会が
「年明けうどん」
なるものの普及にがんばってます。

恵方巻きが関東に広がったのなんて、
ココ10数年くらいですよね?

そう考えると、まだまだネタが無限に
埋もれている気がしませんか?

チョット長くなってしまいました。

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
地域大好き!笑顔販促プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。