スタッフブログ

物語志向

2016年11月10日 ひとりごと スタッフブログ

111016おはようございます!
11月10日(木)です。

今朝もドンヨリしています。
そして、更に寒い!
(>_<)

弊社の「物語を売る販促企画」では、
主人公は

弊社の
クライアント様の
お客様

です。

その主人公が、クライアント様の
商いの世界と出会ってノメリ込んで
幸せになっていく物語です。

クライアント様の目線で言えば

集客→初回購入→リピート→ファン

というステップを、そのお客様の
目線で「起承転結」の各ステージに
分け、主人公であるお客様が次の
ステージに進めるような仕掛けを
企画するワケです。

で、今更ながら、ふと思いました。

この物語の「起承転結」の仕組み、
というか考え方って、色々な場面で
使えるのではないか、と。

例えば、近いトコロ(?)で言う
なら、スーパーでの販促企画。

【起】来店していただく
【承】店内を回遊していただく
【転】メイン商品に手を出してもらう
【結】レジに進む

つまり、
目指すゴール(結)を設定して、
そのために必要な段取りを想定
して組み立てるワケです。

販促以外でも多々、使えますよね?

例えば、新人教育。
とりあえず、一通りの業務が(一応)
出来るようになるコトがゴール「結」。
そのためには、まずは、入社して
もらうコトが「起」ですね。

様々な苦労を経て一つ一つ業務を
覚えてもらうコトが「承」。

研修みたいなモノがキチンとあって、
最後に試験みたいなコトをするので
あれば、一番の山場「転」となって、
見事にクリアして「結」に至る、
みたいな。

あるいは、グッと身近なところで
言えば、朝起きてから会社に辿り
着くまで、とか。

朝起きるコトがその名の通り「起」。
朝ゴハン食べて身支度して、という
のが物語が展開していく「承」。
最大の試練である満員電車との
闘いが「転」、それを乗り越えて
めでたく職場に辿り着き「結」。

みたいな。
(笑)

いえいえ。
どーでもイイコトかもしれませんが、
目標を設定して段取りを組んで、今、
自分がどこにいるのかを把握するには、
この思考、悪くないように思うの
ですが・・・、

どーッすか!?
( ̄▽ ̄;)

オッ!
時折、陽が射したりしていますね!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。