スタッフブログ

コントラストで感動を生む

2016年11月05日 ひとりごと スタッフブログ

110516おはようございます!
11月5日(土)です。

曇ってます。
家を出た時、地面が濡れていましたが、
夜中に雨が降ったのでしょうか??
( ̄▽ ̄;)

半ば、単なる思い付きです。
何のまとまりも無い話になるかも
しれませんが・・・。

「感動」が生まれる一つのパターン
として、感情の上がり下がりとか、
緊張の緩急とか、そういう「振れ幅」
というか「コントラスト」みたい
なのがあると思います。

例えば、急にお腹が痛くなって
トイレにダッシュ!
ウワッ!全部塞がってる!!
もう時間が無い!絶望!!

というタイミングで、ドアの一つが
開いた瞬間。

初回打ち合わせに遅刻してしまう!
ヤバイ!何て言い訳しよう!

・・・と思っていたら先方も遅刻。
みたいな瞬間。

あるいは、コレは昨日の実体験です。
エグイ番組に辟易した後の
『となりのトトロ』みたいな。
(笑)

物語がまさしくそうですよね。
難題や強敵をあっけなくクリアできたら
感情は全く揺さぶられませんよね。

悩んだり苦しんだり死にそうになりながら
最後に解決するから感動するワケです。

コレを販促に応用できないモノでしょうか?

くれぐれも、
「あなた、悩んでますね。苦しいですね。
解決したければ、コレを買いなさい!」
みたいに不安を煽って、自社自店の商品を
提示する、という話ではありません。

「今すぐ買わないと!」
みたいに希少価値とか限定を訴える、
というコトとも少し違います。

例えば、単純なところでは、クイズに答えると
何かもらえる、みたいな感じですが、そういう
「オマケ」ではなく、もう少し「メイン」の
商品に対して、軽い「圧」を掛けたいのです。

単にお金を払っていただき、「モノ」としての
商品と交換する、というコトでは無く、
ワザワザ、もう一手間を掛けさせて「感動」を
創り出す、みたいな。

う~ん。
やっぱり、まとまらなかったでしょうか・・・!?
( ̄▽ ̄;)

あ、陽が射してきた。
良い週末をお過ごしください!

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。